第八回 西青会チャリティーフェスタ 2018
category: other
0

    今年で8回目、ユカリさんは連続5回目 もちろん大トリでの出演!!もはや このイベントではレギュラーか♪「第八回 西青会チャリティーフェスタ 2018」より撮って出しです♪

     

    大阪のプロレスに、ものまねショー、回を重ねる毎に沢山の人が来場され支えてる 盛り上がりが凄い西淀川チャリティーイベント!!

    「大西ユカリアワー」は全6曲!!チビッ子が多めなイベントでも、大人の女性の曲多め(笑)

     

     

    『年に一回の故郷(ふるさと)阪神電鉄出来島ー!!』と、一気に引き込まれて 皆が楽しく笑顔溢れる「西青会チャリティーフェスタ」でした。

     

    【セットリスト】
    幻のブルース、北国行きで、釜山港へ帰れ、恋の十字路、天王寺、That Lucky Old Sun

    文責 DRAGON-1

    -, -, - -
    10月11日(木)「BLACK BOX」レコ発ライブ@下北沢GARDEN
    category: other
    0

      待望の『BLACK BOX』発売記念ライブが10月11日、ど平日の木曜日に(とユカリさんがアナウンスしていた)
      下北沢Gardenで行われました。

       

      開演は19時10分。

       

      キンキラキン衣装のズクナシはコーラス&ダンス。
      バンマス、三宅伸治さんの合図でスタート。

       

      ズクナシがオープニングを飾ります。


      1.BLACK BOX(Black rock)
      2.LOCO Motion(ZUKUNASHI)

       

      「レディース&ジェントルマン!大西ユカリー!」


      スカイブルーのタキシード姿で登場したユカリさん。
      大歓声で迎えます。

       

      3.Clean up woman

       

      「ユカリちゃーーーん!」の大歓声が上がります。

       

      4.Precious Presious

       

      「どうもありがとうございます。」
      「いつもと変わらんようにやらせてもらお思うてます。
      どうぞ最後までヘラヘラしていただいて(笑)そして今日は売るほど積んでございます。
      もう持ってるからと言うて偉そうにしやんといてください(笑)
      今日は手ぶらで帰らんほうがええかもしれませんね。
      皆さんに袋が行き渡るように用意してございます。」

       

      CDだけでなく、記念Tシャツにタオル、バッグもありました。

       

      「explosionというアルバム以来のGardenでございます。三茶からバスでやってきました。
      ほんまこっからここまでくらいの間を乗りはるんやね(笑)」
      「わかりましたわかりました!ほなexplosionの時に伸ちゃんが書いてくれたのほんならやります。」

       

      5.花の生き方


      「花を女性になぞらえて。荒木とよひさ先生が作詞、作曲はなんと三宅伸治さん。
      パパパパっと紹介していますが、後で嫌と言うほどやりますので。そうですね。
      ご帰宅は10時くらいでしょうか?」

       

      6.お前なしでやってみよう(trying to live my life)

       

      ギターソロでは三宅伸治さんが前面に登場。

       

      「ユカリちゃーーーん!」
      「はぁーーーい!」

       

      心安く受けるユカリさん

       

      7.恋のサバイバル(I will survival)

       

      「この演奏があって歌えるんやな。言う喜びでございます。」
      「今日もBLACK BOX買うていただいてありがとうございます。家にあるのに。今日はそう言う日です(笑)」
      「だいたい今、午前2時くらいのエエ感じ。スーツの中もエエ感じでございます。」

       

      8.Every little bit hurts

       

      「あんた、帰ってくる言うたやんか?帰って来うへんやんか。帰って来るんかい?来ーへんのかい来んのかい来ーへんのかい…
      帰って来ーへんのかーい。と言う歌をお届けしました。」
      すち子登場(笑)

       

      「『なんであかんの?私あの人のこと好きなのに。』『あの人はホンマやめておき。』『相手は結婚しねんねやからやめておき。
      お父さんお母さんも恥ずかしい言うてたで。』そんな歌です。」

       

      大西ユカリ劇場、かなりの白熱です。

       

      9.If loving you is wrong

       

      ソウルフルな歌声に、ズクナシがカッコいいステップとコーラスで花を添えます。
      (ステップちょっとぎこちないところがあったのはご愛嬌)

       

      「ホンマあの…」
      言いかけたら次のイントロが始まりました。
      低音のリズムにホーン隊。体が自然と揺れます。


      10.FUNKY NASSAU

       

      ここでメンバー紹介&ソロが。
      Drums:ケニーモズレー
      Bass:中村キタロー
      Guitar:三宅伸治
      Organ:佐々木久美
      Chorus:ズクナシ
      「ズクナシ!」「丸腰!」「コーラス!」「踊りだけ!」「歌うだけ!」「ズクナシ!」

       

      ソロライブの宣伝も挟み、愛ある紹介でした。

       

      「ここで今日のゲスト紹介します。ミスター大阪、オーサカモノレール!ミスターJB!」
      「大阪の!」「ジェームスブラウン」「東京も」「ジェームスブラウン」「千葉県でも」「ジェームスブラウン」「ミスターJB中田亮!」


      ユカリさんの合図で、「人力フェードアウト」からの「人力フェードイン」
      そして人力フェードアウトで見事に終えました。

       

      11.I'LL take you there

       

      「中田亮!」
      「ほな行きましょう」
      大きな歓声が上がります。
      イントロが始まりご機嫌なリズムが響き渡ります。

       

      12.Rock me again&again&again&again&again&again

       

      中田さんのタンバリンがキレッキレです。
      ユカリさんとの掛け合いもバッチリ合ってカッコいい!

       

      「よっこいしょ!」
      「中田亮さんです。」
      「大西ユカリショウ!楽しくやろか」
      「大阪のオッサン(笑)」
      「ほんま息上がりますね。このまま喫茶店でも行ったろかしら。カキ氷みたいなもん頼みたい。そんな気持ちです。」


       
      「A-HA!HA!抹茶のカキ氷食べたい」

       

      13.I Gotcha

       

      「こないだ抹茶のフラッペでストロー付いてなかったから言うたら〜♪『ストローで飲みますねん』て」
      「あれ?」
      「あれ?」
      「こないだ母さんユニクロ行った♪スーパースキニー履いたら脱げない」
      「あれ?」
      「あれ?」
      「履けたのに脱げない」

       

      なんという歌詞で(笑)
      (身に覚えがありすぎて鮮明に映像が浮かぶ) 

       

      中田亮さんがニヤニヤしながら聞こえるか聞こえないかくらいの声で
      「ユカリちゃんのダンス」「ユカリちゃんのダンス」と言いながら踊ります。


      「笑いと涙の大西ユカリショウ!」
      と言って去っていかれました。

       

      「息が上がって。」
      「あっという間のクラッカー。それは当たり前田のクラッカー。そんなの分かる人ばかり(笑)」
      「録音メンバーとやらしてもらっとる言うのは幸せです。」

       

      14.Killing me softly

       

      「なんやかんや30年くらい。自分の歌を出して20年なりました。生まれた子ぉが20歳やんか。
      まあビックリした。放り込んだろか!
      シュッとしとると思ってるところガッカリさせたろかい!!」

       

      15.新ミッチー音頭

       

      ピンクレディのUFOの振り付けありました(笑)


      咳が出たユカリさん。
      「咳払い。サービスです。(笑)」

       

      「やろう思う曲にもうちょっとギターあったらええのにな。とか思うことありませんか?」

       

      サプライズゲストで新宮虎児さんが登場。
      驚きに湧く会場では「うわ!マジか。」と呟く声も。


      「山崎まさよしさんがこの人を見て『殺し屋みたいですね。』と言ってました。」
      (ルパンだと思っていましたが殺し屋だったとは(笑))

       

      16.Monkey Man
      17.You Know I'm no good

       

      ニヒルな笑顔でギターを弾いていた新宮さんがここで退場。
      会場から大きな拍手と歓声で見送ります。

       

      「いよいよ本当に終わりの時間がやってまいりました。リクエストあればアンコールの用意もございます。
      ライブというのはそんなもんです。アンコールあったらこれやろう言うて書いてあるのが今日びです(笑)なあ。クリス。」
      テナーサックスの栗原健さんを栗が付くからクリスと命名したとユカリさん。
      「今日からクリス。」
      相変わらず名付け上手です(笑)

       

      「今日のところは付き合いで来たけれどもという人も、次は自分で調べて。大人なんやから。ぜひお越しください。」
      「今日はもうアルバムを買うたりTシャツを買うたり。なんと助かるトートバッグまで売ってるという。
      お買い上げのものを入れる袋が要らん。シュッと持って帰れるようにシュッとなっとんねん。頭にまけるタオルも。
      昔はタオル使ってツイストの練習したみたいですね。知らんけど(笑)」

       


      18.That lucky old sun

       

      しょっぱな歌詞忘れたユカリさん。日本語歌詞をセリフ調で語りフォロー


      曲のアレンジが豪華で、まさにショウの最後にピッタリなThat lucky old sunでした。

       


      【アンコール】

       

      相変わらず速攻でステージに戻って来たユカリさん。
      「わかりました。アンコールですね。最初見たときからアンコールするな。って。皆さんアンコールするな。って。」

       

      メンバーを呼び入れます。
      コーラスの声を聞いて、そのカッコ良さから黒人の人入れたのかと思ったというOrgan:佐々木久美さんから。
      太鼓のどれかが破れるかと思うほどパワーDrums:ケニーモズレーさん。
      ライブ中のトラブルも難なくこなすTrumpet:MAKOTOさん
      「マコトちゃん遅くなってごめんね♪」すかさずオルガンで合いの手が入りました(笑)
      マッチ棒くらいしかない(痩身)から擦ったろかと思ったという可愛らしいAlto.Sax:前田サラさん
      昨日とは違いピャーッとした運動靴履いたオシャレさんなクリス(Tenor.Sax:栗原健さん)
      なんとその靴は自分でペイントしたそう。
      Chorus:ズクナシも1人ずつ。
      マリコさん。マリコの部屋へ〜のくだりはテッパンです。
      「今日は特別丸腰マリコです。」
      真ん中でひときわ楽しそうなのがEMIさん
      「キンキラキン!ママでもキン!」
      アカネさんには(なんでカッコいいドレスの上にTシャツ着とんねん。」
      Bass:中村キタローさんのTシャツはMサイズ。
      そしてGuitar:三宅伸治さん。Mサイズ。


       
      「遠回しにこのくらいで何サイズか宣伝してるんです(笑)」

       

      「来年1月5日に大阪でもやる事が決まりました。正月早々間違って大阪に居てる方ぜひお越しください。」

       

      ベースのしっとりしたイントロで始まります。
      「おっちゃん、ベース上手いね。そんな気持ちです。」

       

      1.ハルカロジ

       

      曲の最後のところでユカリさんじゃない声が聞こえて来ました。


      なんと甲本ヒロトさんが登場!!
      会場からキャー!ワァー!と。騒然となります。
      ユカリさんはモノマネ番組でご本人さんが登場して来た時のモノマネの人みたいなビックリ顔。
      (本当にああいう風になるんですね)

       

      「おじゃましますぅー!」
      「邪魔すんねやったら帰ってて大阪の人やったら言うんやけど」
      「えーーーー!!」ユカリさん絶叫。
      「昨日リハーサルのテープをもらってな。なんかおかしかろ?様子が」
      スタッフの動きもおかしかったけれど、まさかと思っていたそう。
      「伸ちゃんが歌う気無さそうだから一人で頑張ろうと思っていたん」
      後ろで三宅さんがニコニコとても良い笑顔で見守ります。(してやったりみたいなニヤニヤも混じってました)
      「やるでぇー」
      「そうなん」
      「星空の2人、本当は英語ちょっとだけ日本語」


       
      うわーーーー

       

      2.You don't have to be a star(星空のふたり)

       

      甲本さんもユカリさんもそれを見守る三宅さんが、バンドの皆さん、みんなが笑顔。
      もちろん会場も。なんと幸せいっぱいの空間時間。

       

      ユカリさんが甲本さんに向かって『ジュリー』と言って樹木希林さんがやっていた振りを何遍もやっていました。
      『ヒロトぉ〜』に置き換えて見ておりました。
      お二人の声がピッタリ溶け合い、鳥肌が立つほどカッコいい一曲でした。


      「帰ります!」そう言い残して消えていく甲本さんでした。

      「はーーーー。人はビックリすると訳がわからんようになるもんですね。」
      気が抜けたような感じのユカリさん。会場から「頑張って」と言われてもリアクション出来ず(笑)
      本当にサプライズだったんだと実感しました。
      皆さんが『よかったね!!』の気持ちを込めて拍手していました。

       

      3.Southern Belle(南部の女)

       

      ユカリさんがちょっと泣きそうになったように見えました。
      大きな拍手に包まれて終わりました。

       

      BLACK BOX発売記念ライブは幸せが詰まったライブとなりました。

       

      -, -, - -
      10月27日(土)宮古島ミュージックコンベンション2018 @総合体育館、YUMYUM
      category: other
      0

        今回のコンベンション、お天気だったのですが強風のため会場がトゥーリバービーチから急遽総合体育館に変更になりました。
        そのためスタッフさんは寝ずに会場変更の段取りを組んでくださり、予定の時間から遅れてのスタート。

         

        ★総合体育館
        ユカリさんたちも、当初16時頃と言われてたのがまさかの20時過ぎからのスタートでした。

         

        ・SOULTRAIN
        まずはズクナシから。
        シュッシュポッポ……。
        お客さんが手でトンネルを作り、その中を全力疾走するEMIちゃん。

         

        ・新・ミッチー音頭
        三宅さん、SWING-GOさんが加わり、ユカリさん登場!さらに盛り上がります。

         

        ・お前なしでやってみよう
        「伸ちゃんも歌ってる曲を」とユカリさん。
        時間がおしてるもののニコニコしながら「ゆっくりやろうよー」と何ともマイペースな三宅さん。

         

        ・That Lucky Old Sun
        曲前にマリコちゃんを紹介するユカリさん。
        もちろんおなじみの♪マリコのへーやでー、マリコのへーやでー、マリコのマリコのマママ……CD壊れてるわ。
        お客さん大ウケでした。

         

        ・We sing one voice
        バトンをズクナシに渡し、EMIちゃんが「ここで今日ここにいるミュージシャンの人にも上がってもらい、みんなで歌いましょう」と言うと、主催のゲンタさん、山崎まさよしさん、モミーFUNK、in the peaseがステージに上がり♪We sing one voiceの合唱。会場も一体になります。

         

        ・JUMP
        最後の曲。
        三宅さんが歌います。
        「JUMP!」のところはもちろんみんなでジャンプ!SWING-GOさんもキーボード弾きながらジャンプ!
        大盛り上がりで幕となりました。


        ★YUMYUM
        こちらも、昼の部が押しに押しまくり、本当は21時スタート予定だったのが23時半くらいからのスタート。それでも会場のライブハウスはたくさんの人でぎゅうぎゅうです。

         

        ・雨上がりの夜空に
        三宅さんとズクナシがステージに上がり「清志郎さんの曲を」とこの曲でスタート。

         

        ・ロコモーション


        ・ぼくら
        みんなが知っているカバー曲とズクナシのオリジナルの2曲。
        「ぼくら」では、三宅さんがギターからマンドリンに持ち替えました。聴くだけでひだまりのようなほっこりした気分になります。

         

        ・路線バス
        ユカリさん登場!
        SWING-GOさんも加わります。
        「ここからは、三宅さんはお酒飲む時間。人生ゲームの人みたいにたくさんいてくれて」
        冒頭はアカペラから。このアカペラが本当に気持ちがいい。

         

        ・Something You Got
        ここで前田サラちゃんが呼ばれステージへ。
        サラちゃんがソロを吹くと、マイクを傾けるユカリさん。
        「では、ミッキーが宮古島にきたらどうなるか。そして三宅伸治はサボっております」
        ミッキーが宮古島にやってきました。シンデレラもボヤきます。
        でもハロウィンだからミッキーは忙しいので富岡製糸場からモスラがやってきました。モスラもボヤきます(あれ?ミッキーの声でモスラがボヤいてる!笑)。

         

        ・左折右折
        「EMIちゃんの家と私の泊まってるホテルの場所を教える歌です」
        YUMYUMから出て、右手、右へ、左手、左へ……。またYUMYUMに戻ってきちゃった!

         

        ・通天閣ブルース
        チューニングをするEMIちゃん。
        「そんなチューニング好きか?」
        「この曲は新世界あるあるを歌った歌です」と始まり、歌の締めは♪宮古島あるある〜歌いたい〜。
        いつかのライブで、宮古島あるあるは聴けるのか?!

         

        ・県警対組織暴力をもう一度
        「みなさんをガッカリさせる曲を歌います」
        ひとしきり曲の内容を紹介し、歌い出すユカリさん。
        「ちょっと!ちょっと!もうちょっと静かに演奏してくれるか?!あと、もうちょいテンポ早めで!」
        ユカリさんが静かに静かに言っていたら…
        「とうとう三宅さんはギター置きはった。座っとるがな!」見ると、三宅さんはニコニコしながらギターを置いてアンプに腰掛けていました(笑)。

         

        ・肉と肉


        ・ユカリ☆EXPLOSION
        さらにこの2曲で盛り上がります。
        肉と肉では初めてのお客さんばかりなのに、サビの拍手がばっちり!
        曲が終わり「暑ない?大丈夫?」お客さんを気づかうユカリさん。
        「誰かいてへんのかな?モミーFUNKは?」とモミーFUNKのみなさんを呼び入れました。

         

        ・ダンス天国
        モミーFUNKを呼び入れたもののステージ上「何やる?うーん…」と話し合い。こんな緩さも宮古島のいいところです。

         

        ・The weight
        「石田長生の歌ってた曲。みんなで歌いましょう」と三宅さん。
        ライブハウス中の全員で合唱しました。

         

        ・That Lucky Old Sun
        ユカリさんが英語で一節歌い出すと「はい、こっから日本語で」
        ♪上の方からじゃ見えないのかな……
        と見上げるユカリさん。その先の空には何が映ってるのかしら、といつも思います。

         

        ■ アンコール
        ・花の生き方
        アンコールを決めていなかったのか、またまたステージ上で打ち合わせ。「伸ちゃんが書いてくれた曲を歌歌います。歌詞はテレサ・テンのつぐないを書いた荒木とよひささん。先生の書いてくださった曲を歌って、朝起きたらテレサ・テンになってたらどうしよう、と」

         

        ずっと盛り上がったままでライブは大団円を迎えました。
        終演は12時過ぎでしたが、最後までたくさんの人で溢れたライブでした。

        -, -, - -
        9月14日(金)〜ユカリの『奇数月に逢いましょう』〜 @LIVE MUSIC JIROKICHI
        category: other
        0

          電車の遅延で開演に間に合わず、すでにライブが始まっていました。

           

          【1部】

           

          ◎ユカリ☆EXPLOSION


          ズクナシとSWING-GOさんの安定の演奏。ユカリさんものびのびと歌われている様子。
          「ヘイタクシー!」のSWING-GOさんのタイミングもバッチリでした。

          大歓声が上がる。
          「ありがとうございます。ノッてるね!」
          「イエイ」
          「ノッてるねぇ!ノッてるノッてる!やってるねぇ!やってるやってる!」何回も繰り返す。


          「ちっこい子は何べんもやる(笑)」
          面白いからといって全部おんなじ曲はやらないとユカリさん。
          「全部おんなじ曲やったら最後のほうだいぶ上手なってな(笑)」
          そして、ズクナシのあかねちゃんを見て
          「この子あれなんよ。マナカナちゃんに似とるん。今日ようやっと気がついた。特にカナちゃんに似とるん。」
          たまに言われるんだそう。
          「マナちゃんとはよう大阪で仕事するんやけどな。あれ?どっちやったか?あかねじゃないことは確か(笑)」


          ◎ニガイナミダが100リットル

           

          しっとりとしたイントロに変わります。

           

          「ぶっちゃけた話、もう半分くらい来てしまいました。出来るだけ1部と2部の間はシャッとこよと思います。」

           

          ◎路線バス

           

          素晴らしく美しいハーモニーから始まりました。男性の声が入ると厚みが増して鳥肌が立ちほど。

           

          「今日の第1部は売るほど積んである中からばっかりやっております。買わずにはいられない。
          そんな気持ちになっていただこうと思います。『ああ。ほんまはあんな歌詞だったのか』と復習していただくためにもぜひ(笑)」
          その後、ズクナシのCDの宣伝もしっかりされるユカリさん。


          「いつかーきみといーったーえいがーがまたーくるー授業をーぬけだーしてぇー…この『を』がすごいな。」
          素人では気にも止めないであろう『を』の位置のすごさを教えてくれました。
          「あの映画を曲にしよう。思ったのはいつのことだろう。アケミや思たらマリコやった。震えたで。」

           

          詳しくはぜひ映画をご覧ください。

           

          ◎県警対組織暴力をもう一度

           

          今回はセリフを交えながら。映画の一場面を語りながら。(金子信雄がなんだか可愛らしい)

          「ちっこいお子さんがいる家庭では絶対(映画を)かけやんように。」注意事項もありました。


          先日の台風の話に。
          「御堂筋の銀杏並木があっち向いてこっち向いて、ボッキボキ折れてましたわ。
          わたしもパトロール出ましたらね(笑)公園の木ぃがまあボッキボキワッサー折れて。
          なんか秋に実るであろう実ぃが。りんごのように落ちてるんですよ。
          それをなんや知らんオバちゃんがもっそ血相変えて拾うとんねん。
          わたしの一つの後悔は、そのオバちゃんに「これ、何にしはりますのん?」と聞くのを忘れたこと。
          あんな若い実ぃをスーパーの袋へガーーー詰めて(笑)『わたしが先に見つけたから!』くらいな勢いで入れたる。」
          そして、その実がその後熟れるのか心配するユカリさん(笑)

           

          ◎暗い日曜日

           

          「全然暗ないやん。カッコエエやんか。」
          本当にアレンジがカッコよかったです。


          「一昨年9月を思い出します。ジロキチも水浸しになって。9月でしたから。」
          「ぶっちゃけ後2曲で休憩に入らせていただきます。(2部は)9時までに始められそうかな。
          ええ感じで進んでます。ズクナシとSWIN-GO。マリコの部屋へ〜♪マリコ、マリコ、マリマリマリ…針飛んでる。」


          マリコさんのベースが鳴り出す。
          何というインサート(笑)

           

          ◎ハルカロジ


          「ありがとうございます。11月第2金曜日はここジロキチでやらしていただきますが、
          どなたとやるかはまだ全然決まってません(笑)えらいことになってきました。
          ところが。10月の11日、下北沢のガーデンというライブハウスで新しいアルバムの発売記念ライブをやらしていただくことになりました。
          えろうすいません。ド平日でございます。お時間が宜しかったらぜひお越しください。せっかくですから、
          6月20日に発売しましたアルバムBLACK BOXから一曲、お届けをして1部を終わらせていただきます。」
          「ちょっとずつ傷つきますねん。わたし。言う歌です。」

           

          ◎Every little bit hurts 

          「もう一枚買うとかなあかんね♡」

           

          【2部】

           

          「改めましてズクナシ、そしてSWING-GO。よろしくお願いします!」ご挨拶から始まりました。
          ユカリさんのアルバムの格好良さを熱く語るEMIさん。
          ズクナシで一曲。

           

          ◎I believe in miracles

           

          「第2部、お呼びしましょう!大西ユカリー!」

           

          ◎通天閣ブルース

           

          通天閣を高円寺ジロキチに替えて。
          総武線のややこしさについても入れ込みます。


          「駅のとこから歩いてたら、なんやブルースやなぁ思うて。」
          「わたしがお水とか飲まへんから皆さん飲みにくいんやな。と思って、昼買うたセブンの水、これテープしてもらってたから、
          さっき『これ昼買ったんですけどストローもらえますか』と。くれはりましたわ。そしてドリンク仕様になりましたんです。
          セロテープ大事やね。わたしが飲むから皆さん飲みやすい。お代わり絶賛受付中!」

           

          「天王寺の王子様、木村充揮さんが作った曲を」

           

          ◎天王寺

          ユカリさん、ズクナシ、SWING-GOのライブ告知ののち、「やってるやってるぅ」をSWING-GOさんにムチャぶり。「ヘタレーヘタレー」とからかう(笑)

           

          ◎Something You Got

           

          「ワシやワシや。ミッキーマウスやで。」ミッキーの声のトーンを色々変えてみる。
          「もしもし?富岡製糸工場さんですか?ワシが送り込んだモスラですけども働いてますやろか?」
          前回、モスラに会いたい言って、ザ・ピーナッツにモスラ呼ばせ、登場したモスラ。糸ばっかり吐くから文化遺産になった富岡製糸工場へ送り込んだのだ。
          ミッキーマウスが心配をして、ちゃんと働いているか確認の電話をしているところのようです。

           

          「もしもし、先輩ですか?いえいえ。もう吐かしてもろてます。モスラですぅ。」
          「モスラの口が縦にしか開かんから上手いこと話せんし、ミッキーよりも声低いと思うねん。」
          ダミ声のモスラ(笑)
          そして労働環境が悪いと愚痴ります。
          手が無いから社長に電話を床に置いてもらって話しているそう。
          「おかんが粉っぽいんや。なんやしらん。蝶々やと思ってたらおかん蛾でしてん。」


          「言うてもワシまだ小学校行ってないくらいなんですよ。保育園サイズですわ。寸法は大きいよ。(なぜか途中から和夫さんになる)」
          「そんな保育園くらいの子供に『糸吐け!糸吐け!』言うて。夏休み宿題もありまんねん。まぁええわ。読書感想文もアマゾンで買おう。
          作った作品とかもメルカリとかで買おう。でも夏休みの思い出が無いんですわ。」
          ミッキーに思いの丈を伝えるモスラ。
          「ワシこれケータイからかけてるからな、高うつくからな。耳が熱なったら気ィつけてください。と言われてもワシネズミやろ、電話よりちゃっちゃいからね。
          オチがどうなるか皆さん気になっとると思うけど、そんなこと知ったこっちゃないねん(笑)」

           

          「ワシ絶対大阪呼ばれんねん。モスラや」
          「どないしましてん?」
          「パレードとか絶対呼ばれる気がするねん。やりよったやろ?大阪なおみが。来たらパレードやろ。皆総出や。
          あの娘かわいいやろ?『オヤスミナサイ』。」
          モスラで話そうと思ったら声を忘れるユカリさん(笑)
          「モスラの声忘れてもうた。」
          なんとか大阪なおみの話に戻す。
          「ユカリちゃんの妹、なおみやでー♡」

           

          「なんとかミッキーマウスに大阪なおみの話に持って行かなあかんのに、モスラが意外と面白かったんで。」
          SWING-GOさんが「宮古島でやりましょう」と提案。ノリノリです。
          「この続きは11月」

           

          ◎アパッチ野球軍

           

          「『みんな集まれ集まらねぇとハッパかけーるぜー』これエンディングテーマ。」
          ドカベンの岩鬼みたいな悪いオッサンが言ってるらしいです。
          「ちっこい時は怖かった」んだそうで。
          高校野球に詳しいユカリさん。
          「何故か?暇やった言う事です(笑)」
          上手いことオチがつきました。

          会場のみんなが大きな声出して「おー!」と叫び盛り上がります。

           

          「こんなに自由にやらせていただけると、もう他所ではやれんようになりますわ。」
          「水飲もう」
          今までステージの上で水を飲むことをしなかったユカリさん。
          「次の日、ガーなるんですけどね。」
          「飲み慣れてないのが分かるのがパッケージ取ってないところ」とツッコミ入れるSWING-GOさん。
          「これが印やから(笑)コンビニで買った。」

           

          「こっからロックバンドですからギャーっと行って。歌謡曲短いからもうお別れの時間が迫ってまいりました。盛り上がっていくで!」

           

          ◎コレがこれなもんで

          会場奥で、アッキーさんが暖かくにこやかに見守っていらっしゃいました。

           

          「三田佳子ーー!ガンバレ三田佳子ーー!」

           

          なんとタイムリーな叫び(笑)

           

          これがこれなもんでの歌詞の時、頭に粉ふったりしてました。

           

          ◎MONKY MAN

           

          「アメマー!」本域のヤツ聞けました(笑)
          さらに引きずり女、血ィ吸うたろか連発!

           

          「盛り上がってまいりましょう!」

           

          ◎肉と肉

           

          「最後に一曲、BLACK BOXからお届けします。」

           

          ◎You Know I’m No Good 

          パンチの効いたエイミーでした。

           

          【アンコール】

           

          「アンコール、いただけるとは思いましたが(笑)準備はしておりましたがありがとうございまーす!」

          メンバー呼び入れ。
          SWING-GOさんのネックレスが実は笛だったと判明。
          「それ笛やったん?なにかの時には良いですね。」
          モスラがチラッと登場する場面も。
          「EMI!」
          「乗ってるぅ?」
          「乗ってる乗ってる!」
          「ママでも金!!今日もキンキラキン」

           

          「明日帰りたくないくらい楽しくて。デニーズの朝ごはんさえあれば。ジロキチのあてさえあれば楽しく飲める。大西ユカリショウ、また11月に。」

           

          ◎花の生き方

           

          「ありがとうございまーす!」
          投げキッスで大サービスです。

           

          ◎That Lucky Old Sun


          英語バージョンと日本語バージョンのミックスで。
          ソウルフルな歌声は英語だとさらに迫力あるものに。
          日本語は胸に突き刺さる。
          どちらも聴けてお得でした。

          大歓声と拍手で終えた初秋の大西ユカリショウでした。

          -, -, - -
          10月7日(日)ふかきた音楽祭2018@深北緑地公園
          category: other
          0

            今回で11回目の野外イベント!ユカリさん急遽初出演が決まった「ふかきた音楽祭2018」より撮って出しです♪

             

             

            10月や言うのに真夏日!チビッ子と犬多めな、緑いっぱいの深北緑地。
            美味しい食べ物に、楽しいアート♪大きな芝生広場に出来た特設ステージでは朝からライブ。
            ユカリさんの出番はラスト!夕暮れ前の日曜日♪

             

             

            老若男女 皆が笑顔になれるカラオケショーは全6曲!
            この日出演してたアイドル達も整列して観てたり♪(024マモル倶楽部参照)
            子供が吹いたシャボン玉が舞う中で唄うユカリさん♪なかなか観れない演出(笑)

             

             

            アットホームな「ふかきた音楽祭2018」でした。
             

             

            【セットリスト】
            幻のブルース、北国行きで、釜山港へ帰れ、恋の十字路、天王寺、That Lucky Old Sun

            文責 DRAGON-1 01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg05.jpg06.jpg07.jpg

            -, -, - -
            9月16日(日)なつかしい×あたらしい なにわブルースフェスティバル2018 2日目@ なんばHatch
            category: other
            0

              今年で3回目、もはや秋の恒例イベント!「なにわブルースフェスティバル2018」より撮って出しです♪


               

              ☆出演☆
              有山じゅんじさん、宇崎竜童さん・野本有流さん&御堂筋ブルースバンドさん、OSAKA ROOTSさん、金子マリさん&三宅伸治さん&清水興さん&正木五朗さん、木村充揮さん、近藤房之助さん、高木まひことシェキナベイベーズさん、ちなげさん、リクオさん&ウルフルケイスケさん、麗蘭さん、ナオユキさん、DJ HIYOCOさん、ユカリさん

               

              ユカリさん、今回は誰とセッションするのか?イベントも中盤
              木村充揮さんと一緒の「天王寺」から、近藤房之助さんも加わっての「Tennessee waltz」アルバムバージョン
              『私 今日 若手やで!!たいがい気ぃ使うわ!(笑)』と、ユカリさんの出番は超濃厚な2曲。

               

              ラストは全員での「嫌んなった」「The Weight」
               

              なにわにとどまらず、日本を代表するアーティストが、なんばHatchに集合!
              ロックに、ブルースに最高の音楽が楽しめた、約五時間にわたる「なにわブルースフェスティバル2018」でした!

               

              文責 DRAGON-1 & KAZ

              -, -, - -
              9月7日(金)大阪愛歌 万博2025 @味園ユニバース
              category: other
              0

                今回は「2025年万博誘致イベント・大阪愛歌 万博2025」より撮って出しです♪

                 

                 

                ☆出演☆
                BOROさん、はたけさん(シャ乱Q) 、HATAKE BANDさん、HALLCAさん、SEKIRARAさん、ブレイク☆スルーさん、キャラメルパッキングさん、DJ晴楓さん、ユカリさん

                会場は昭和の風情漂う 味園ユニバース。
                この日の演奏は URUSHIの兄弟 元岡さん&古賀さんのお二人!

                ユカリさんの持ち時間は30分、まずは予想外の一曲!フロアに居てる皆さんは、一緒に振り付け♪「コレがコレなもんで」から、続けて「路線バス」

                 

                 

                『あっちでは大雨、こっちでは台風、北海道では地震。今日 楽しく歌えるんやろかと想てたんですが、大阪からグワァーっと行かなね!!
                2020年には東京でオリンピック。2025年は大阪に万博を!!今日は せっかくのイベント!2025年に向けて!!』と「天王寺」

                 

                『今日は ほんまきげんようやらしてもらってます♪』と「BLACK BOX」から「Killing me softly with his song」

                 

                『大先輩からヤングまで、ステージの上は「SEKIRARA」の後やから ええ匂いがしてます(笑)皆で手を取りおうてね!』と「「県警対組織暴力」をもう一度」
                時間オーバーしそうな為、演奏は1番だけにと、歌の合間に業務連絡(笑)

                『もう一曲 大西のコーナーです!』と「That Lucky Old Sun」

                 

                イベントラストは出演者全員での「大阪で生まれた女」「ぐでんぐでん」

                 

                 

                 

                 

                 

                大阪を愛するバラエティーにとんだアーティストの皆さんの共演!2025年が楽しみになる、誘致イベントでした♪

                文責 DRAGON-1 & KAZ

                -, -, - -
                9月1日(土)「TOKUZO 20周年記念企画」〜木村充揮3days〜
                category: other
                0

                  2年前のEXPLOSIONツアー振りの名古屋。毎回独特な盛り上がりがスゴい。「TOKUZO 20周年記念企画 木村充揮3days」より撮って出しです♪
                  レポート協力(024マモル倶楽部)

                  満員の客席。『ゆっくりやりま〜す』と、木村さんアワーでスタート!
                  続いて、榊いずみさん(旧姓 橘いずみさん)が登場で、木村さんとのデュエットから『ちょっと1人で歌わせていただきます、聴いて下さい♪』と「永遠のパズル」
                  24年前ドラマの主題歌にもなった、私の人生のベストテンに入る大好きな曲。
                  生で聴けて幸せでした。

                   

                  『もう1人、ゲストお呼びしたいと思います!お待ちかね!大西ユカリさん!』と榊いずみさんの紹介で登場したユカリさん♪
                  拍手と歓声の中、笑顔いっぱいで『どーも♪来たでー名古屋やでー!木村さん、いずみちゃんに挟まれてなんと幸せなことでしょう♪
                  せっかくやからいずみちゃんと一緒に歌うのはどうですか?』とユカリさん

                   

                  『初めてユカリ姉さんとお会いしたのは、木村さんの30周年ライブやったんですが、その時はすごい忙しそうにされてたので今日やっとゆっくり喋れました(笑)』と榊さん

                   

                  『ほな私よりちょっと若いキーボードとギター呼びましょか〜そない若ないか(笑)』と、古賀さん、元岡さん登場♪

                   

                  『この後はまた怪獣先輩が出てきはりますが、せっかくやからいずみちゃんと一緒にね♪
                  モスラの歌とかちゃうよ(笑)シュッとしたやつ』と「秋桜」

                   

                  『ほなメンバー増えますよ〜いつも大阪でやらしてもらってる皆さんを連れてきました♪』と、zingoroさん、梶原さん、小林さんが登場し、元岡さんのキーボードが鳴り始める。
                  名古屋でもあの名曲が聴ける喜び。

                   

                  『出てくる先輩方の名前を聞いて、クスクス楽しく笑う時間です♪日本の警察なめんなよ!』と始まるのは、もちろん「県警対組織暴力」をもう一度

                   

                  『深作欣二〜』では、クスクス通り越して大歓声!
                  名古屋はやっぱいスゴい(笑)

                   

                  『せっかくの木村さんの3日間やから、熱唱型歌唱でいかせてもらいました!
                  今日びはコレがコレで大変ですね(笑)コレがコレなもんでね〜言うて。
                  大阪ではドン引きですが今日のお客さんやったら大丈夫そうなので(笑)コレがコレから肉食へいくでーー!』と「コレがコレなもんで」〜「肉と肉」

                   

                  ユカリさんの予想通り名古屋のお客さんは大丈夫(笑)
                  コレがコレの振りもバッチリでしたね♪
                  そしてこの日は1人で大忙しなバンマス小林さん!ステージ前に出てきてのソロ、素敵でした!

                   

                  『ありがとうございまーす!今日はもうワーッとなってガーッといって、お客さんがあれ何やったんやろ?みたいにやろと思います(笑)
                  咳払いも2回サービス(笑)エラいこっちゃ、こんな時間なってた!
                  また明日も木村さんやりはりますよ♪3日間の中日、バンドの皆とも一緒に来れて大変嬉しいです。
                  今日はひと暴れもふた暴れもさせていただこう!そういう段取りでございまーす!!』と「Monkey Man」〜「You know I'm no good」

                   

                  客席から『カッコいいー!!』の声。
                  この流れほんま、カッコいいですね!
                  「Monkey Man」は、歌ってるユカリさんも凄い楽しそうで、聴いてて気持ちいい、私の最近のお気に入りです♪

                   

                  息つく間なく「That Lucky Old Sun」
                  客席からは『ユカリちゃーん!!』の歓声と拍手!

                   

                  『ほんまありがたいなあ♪
                  誤解を招きそうな曲やら、男女のややこしい曲やら聴いていただきましたが、宇宙の王子様をお呼びする時間がやってきました!
                  王子様、木村充揮さんです!』

                   

                  登場しながらバンドの皆さんに、いたずらっ子みたいなちょっかい出す木村さんに、すかさず『みんなよろしくね』言うてますと、ユカリさんの通訳(笑)

                   

                  『王子様どっから来たん?』で「天王寺」が始まるかと思いきや『まだ歌えへんで』と木村さん

                   

                  木村さんが言った『大西ユカリバンド』から、板東英二→ゆでたまご→煮ぬき→二子玉川と、思いついた言葉が乱れ飛ぶ(笑)

                   

                  やっと始まる「天王寺」

                  番を木村さん、2番をユカリさん。
                  『柵も無かった公園で』の『で〜』とこでは盛大な拍手!
                  『デーオ!イデーオ!』と木村さん
                  宇宙の王子様はスゴ過ぎます(笑)

                   

                  『そしたらいずみちゃんも出てきてみんな一緒にやろか!いくぜ!』と始まる「おそうじオバチャン」
                  盛り上がりも最高潮!

                   

                  『時のたつのは早いもので、ラストの曲となりました。ラストと言えば「ラストダンスは私に」』と木村さん

                   

                  『どうぞ好きな人と踊ってらしていいわ〜♪』
                  歌うユカリさんに『エエなあ、今日は』と客席

                   

                  『いつもアカンのかい!』と木村さん

                   

                  心暖まるやりとり(笑)

                   

                  『おかわりちょーだい!!』で始まる「嫌んなった」
                  曲終わると同時に『どーも♪ほなアンコールやります。』と木村さん

                   

                  『お客さんアンコール言うてないのに、なんと親切なうちの王子様!
                  いよいよやる気にならはったみたいです(笑)』とユカリさん

                   

                  客席からの『ナイス秘書!』に『仕事するで〜私は(笑)なんやったらブッキングとかしますよ!
                  社長の座を狙てます(笑)』とユカリさん

                   

                  ラストは「当たれ!宝くじ」〜「君といつまでも」
                  台詞のところは『僕は死ぬまで歌い続けるぞー!!』
                  ファンの皆さんのアツい拍手にグッとくる。

                   

                  『最高〜!!』の歓声と鳴りやまない拍手!!
                  木村さんの『ユカリちゃーん!大西ユカリバンド!いずみちゃん!皆さんエエ夜を!!』で終了した、楽しいが止まらないライブでした♪

                  -, -, - -
                  8月9日(木)ロックかしまし三人娘〜大西ユカリ&ヨモギ〜@ musicbarS.O.Ra
                  category: other
                  0

                    一部はダンスタイム?ガァーっと行って、二部はシュっとした曲だけで 1つのライブで2パターン楽しめる構成だった「ロックかしまし三人娘」8月公演より撮って出しです♪

                     

                    今回のテーマは「高校野球!声出して行こうぜ!」か!? 
                    曲終わり、MCの合間『ぅおーーーい!!』と、響きわたる掛け声。ナンバーワンは、かおりちゃん(笑)体育会系の三人娘。

                    ライトかしましはせがわかおり。レフトかしまし本夛マキ。ピッチャーかしまし大西ユカリ。京都ではセンターやったユカリさん、今回はピッチャーに。

                     

                    一部では、この季節、やっぱり聴きたい風情溢れるナンバー「八月の濡れた砂」

                    まさかの共演が実現した「恋のバカンス」 ミッキーVSモスラVSゴジラの、ボヤき対決(笑) 
                    モスラにきた仕事の電話は、富岡製糸場で「あゝ野麦峠」の撮影があって、そこで糸出してほしいとの依頼。ホテル富岡集合にグッときました!

                     

                    ロックかしまし三人娘が歌う「日曜日よりの使者」
                    出だしのユカリさんのアカペラは優しく強く、特別沁みる。これからもいろんな曲聴きたいですね〜

                     

                    2部の終盤、かおりちゃんのギターの弦が1本切れて、ビロローンてなる。
                    復旧作業の為、急遽曲順変更。なんと「BLACK BOX」から「You know l'm no good」をカラオケで!

                    ミッキーの夏休みが有ったり、ユカリ画伯が書いた「モスラ、ミッキーマウス、ゴジラ」の塗り絵の宿題(12月公演に提出)もあり。
                    ニューアルバムからの一曲も堪りません♪

                    『いちいちチューニングしよるけど、最近大事な事やとしりました。オリーブオイルにニンニク入れるぐらい大切やと。ロックかしまし三人娘にはチューニングが大切やと覚えておいて下さい!』と、チューニングの大事さも分かりやすく教えてくれるユカリさん(笑)
                    真夏の8月公演も全力投球!エエ曲いっぱいで楽しませてくれた、ロックかしまし三人娘でした♪

                    あ!!10月は東京レコ発ライブの為 お休みですが、11月には「大西ユカリの磔磔3DAYZ~秋の磔磔オン・マイ・カインド~」での、ズクまし半ダース娘!!
                    ヨモギ、ズクナシとの共演も有ります。チケット絶賛発売中ですよー!

                     

                    【セットリスト】
                    悲惨な戦争(はせがわかおり)、うちら陽気なかしまし娘、しまうまグルグル、八月の濡れた砂、君に会いたい、メドレー・りんご追分〜あなたならどうする〜おんな港町〜なんでだろう、クールな恋、恋のバカンス〜モスラの歌〜ゴジラのテーマ〜モスラの歌〜恋のバカンス(ミッキーの夏休み)、日曜日よりの使者〜魔女っ子メグちゃん、道頓堀行進曲

                    祖父の島(本夛マキ)、うちら陽気なかしまし娘、ローリングストーンズは来なかった、深夜高速、流行歌、ハルカロジ、風に吹かれて、オー・シャンゼリゼ、You know I'm no good(カラオケ)

                    That Lucky Old Sun、嫌んなった、路面電車〜バケツのおひさんつかまえた・じゃりん子チエのテーマ、ロックンロール ミュージック、道頓堀行進曲

                     

                    文責 024マモル倶楽部

                    -, -, - -
                    8月5日(日)「磔磔築101周年記念!木村充揮満載な一週間!!楽しんでや!!!」@最終日
                    category: other
                    0

                      熱気溢れる満員の京都磔磔。「磔磔築101周年記念!木村充揮満載な一週間!!楽しんでや!!!」より撮って出しです♪
                      レポート協力(024マモル倶楽部)

                       

                       

                      まずは、お揃いの東京都Tシャツで、ロックかしまし三人娘が登場!同時に歌い出すユカリさん。即興のブルースか?
                      かおりちゃんがユカリさんに耳打ち。『はせがわかおり、楽屋に忘れ物したそうです(笑)』と、ユカリさん
                      取りに行くかおりちゃん。すぐ戻ってきたかおりちゃん。

                      そして、お馴染みのメロディが流れ「うちら陽気なかしまし娘〜」と、ロックかしまし三人娘アワーがスタート!

                      『おごそかに始まりました!木村充揮さんの1週間。
                      木村さんも皆さんもお疲れさまでした。酷暑お見舞い申し上げます。
                      我らロックかしまし三人娘でございます!』と、勢い加速な「しまうまグルグル」
                      いつもは『羽を取ったら、あぶらむし♪』と、あのねのねの「赤とんぼの唄」とコラボするところ、今回は替え歌で『東京都〜の東を取ったら、京都!!』

                      ここで突然ユカリさんが、すってんころりと転けてしまうハプニング。
                      ビックリと心配の中『凄い受け身が出来てるんか、どこも痛いことないねんけど、心配なんはぶつかってしもたギターとベース(笑)』と、ユカリさん

                      『無事でよかった、大西ユカリー!!』と、マキちゃん

                      『ほな約束通りさっきのとこからやらしてもらいます!
                      皆さんから向かって右側、ライトかしましはせがわかおり!センターかしまし大西ユカリ!レフトかしまし本夛マキ!
                      夏休み、ちょっとバカンスでも行こか〜』と「恋のバカンス」

                      途中、あの聞き慣れた声が!

                      『東京からやってまいりました♪USJの社長にも山根会長にも会わんと磔磔へやってまいりました(笑)
                      ミッキーやで♪はよモスラに会わしてくれー!あのモスラに会わしてくれー!』と「モスラの歌」

                      『モスラ、糸出てるで〜』から再び「恋のバカンス」に戻る、三人娘ならではの愉快なザ・ピーナッツショー!

                      『ぼちぼち王子様お迎えせなアカンけど、ここで大事なチューニング(笑)
                      ライトチューニングオッケー?レフトもオッケー?
                      ほなどしどしいきます!』と、名曲メドレー「りんご追分〜あなたならどうする〜おんな港町〜なんでだろう」

                      『野球で言うたら6回裏ぐらいかな〜6回の裏には何が起こるんでしょう?!乱闘です(笑)どこ投げとんのじゃー!言うて(笑)』
                      ユカリさん、巨人の星 一人芝居熱演の後は「クールな恋」

                      『ライブやからいらんことばっかりしてね(笑)ぼちぼち25分が過ぎようとしてます。
                      それもこれもうちの王子様のおかげです。本日はありがとうございます!』と「路面電車〜バケツのお日さんつかまえた」

                      『ありがとうございます!チューニングはエエねんな!ほな最後の曲いくで!
                      暑さのせいでこんなんなりました(笑)この後は木村充揮さんが登場です!ロックかしまし三人娘の時間はいったん終わらせていただいて。
                      またもっぺんぐらい出てきたいな〜♪』と「ローリング・ストーンズは来なかった」
                      恒例の、いろんな人の名前を挙げていくところは、木村さん祭りのゲストの皆さんを順番に♪
                      そして最後は『木村充揮〜木村充揮〜王子様ここでっせ〜!』とユカリさんの呼び掛けで、木村さん登場!

                      ここから、伝説の木村バンドのベース福栄宏之さんが参加♪

                      『木村さん1週間お疲れさまでした!ほなもうちょっと一緒に、さーさーさー(フラワーショー型チューニング)』と「ロックンロール・ミュージック」

                      『やっぱりロックだぜ、でもこれ水割り(笑)水割りを下さーい♪』と、かわいい木村さん

                      「陽よ昇れ(Let's it Shine On)」「ザ・エン歌」「天王寺」と、三人娘と共演の後『ちょっと一人でやります』と、木村充揮アワー♪
                      木村さんの「野風増」素敵でした。

                      『ほなまた一緒にやろか〜ロックかしまし三人娘!ベース福栄宏之!』と、全員集合で「バン・バン・バン」

                       

                      『横向いたらから呑んでんのか思たら、ピック持ってはる(笑)』とユカリさん

                      「おそうじオバチャン」〜「嫌んなった」

                      『今からアンコールしよか』と、木村さん
                      『今日の段取りを烏丸に置いてきはりました(笑)』と、ユカリさん

                      『皆さん、木村充揮さんとの1週間はいかがでしたか!(客席の盛大な拍手に)あーそうですか!まだまだこれから名古屋とかいろんなとこ行きはりますよー!』と「オー・シャンゼリゼ」

                      『今、裏行って帰ってきたんや、早すぎて見えへんかったやろ?(笑)
                      アンコールもろていっぺん帰って戻ってきた程でやりますよー!(笑)』と「The Weight」

                       

                      『もう1曲やるで』と、木村さん
                      『もう1曲やって!言う、 皆さんの心の声が木村さんに届いたようです♪』と、ユカリさん

                      ここにきてまた話があっちこっちいって、なかなか始まらない木村さん(笑)
                      ユカリさんの愛のツッコミと通訳に、客席の木村さんファンからは「ユカリちゃん最高!!」の声。

                      やっと弾き出す木村さん(笑)
                      ラストは、チューリップの歌のメロディからの「ケサラ」
                      ユカリさんの『照れ屋の王子様!木村充揮!』で、大盛況の木村さん祭りは終了!

                       

                      歌もMCも客席とのやりとりも全部、王子様木村充揮さんへの愛が伝わってくるライブでした♪

                       

                      -, -, - -
                      New Entry.
                      Category.
                      Archives.

                      Profile
                      Calendar
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      Recommend
                      BLACK BOX
                      BLACK BOX (JUGEMレビュー »)
                      大西ユカリ
                      大西ユカリ、初めて自らのルーツ・ミュージックを歌う。
                      R&B、ソウル、ブルース、そしてファンク。
                      グラマラスでメロウなヴォーカルが炸裂する
                      ナニワのブラック・アイド・ソウル。
                      三宅伸治プロデュース、甲本ヒロト、山崎まさよし、
                      中田亮(オーサカ=モノレール)等豪華ミュージシャンが客演!!

                      アルバム全 13 曲入り
                      TECE-3489
                      定価:,778+税
                      アルバムCD
                      Recommend
                      EXPLOSION(通常盤)
                      EXPLOSION(通常盤) (JUGEMレビュー »)
                      さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
                      Recommend
                      EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付)
                      EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
                      さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
                      Recommend
                      大阪に雨が降れば
                      大阪に雨が降れば (JUGEMレビュー »)
                      大西ユカリ,宮藤官九郎,横山剣
                      Links
                      Mobile
                      qrcode
                      Others
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      Search