<< 5月10日( 日)「Ta Ma Ra N☆ナイト熱い夜vol.2 」@花唐草 | main | 5月17日( 日) 大西ユカリショー in 京都FANJ >>
5月8日(金)「奇数月に逢いましょう」@高円寺ジロキチ
category: ジロキチ
0
    神様の導きか、ものすごーく早く仕事が終わり西陽が眩しい高円寺に到着。
    と、そのすぐあとに人身事故で黄色も柿色も電車止まった! 
    ヒヤヒヤしましたが案外再開は早かったのでライブにも皆さん間に合いました。
    良かった!
    無事来場のお客様で、今回もマスターが椅子を追加する程の満員パンパン。
    ズクナシとユカリさんのコラボは相乗効果半端ないです。

    オーダーこなし終えたマスターがPA席に移り、予定よりも10分過ぎてスタートしました。

    〈1部〉
    ゴールドのワンピースで登場のズクナシ。
    「GW.GW.GW中にようこそお越しくださいました!(終わっとります)WE ARE  ZUKUNASI!」
    「5月病になって、ふっくらしちゃった(笑)」
    「安全にソウルトレインにお連れして。大西ユカリショウ始まります!」
    「ソウルトレインに乗り込む準備はできていますか?!大西ユカリショウに乗り込む準備はできていますか?!」
     

    1.    ソウルトレイン

    スローテンポからハイテンポに移行するのが蒸気機関車みたいで疾走感溢れます。
    実際、EMIさん機関車なってました(笑)

    2.キラキラ(本当の曲名はわかりません)
    「Are you ready?大西ユカリショウ」のハモりに鳥肌が立ちました!カッコよすぎます。

    お客さんの入り口から登場のユカリさんは、タキシード姿にヒョウ柄の手提げに紙袋も持ち「奥様感」満載でした。
    そのまま舞台脇に引っ込んだままなかなか出て来ず。(運動靴で入場、靴を履き替えていたと後で知りました。)
    イントロ長めのおかげで、EMIさんの上達されたギターが堪能できました。

     
    1.センガッケ
    2.コジンマリア

    「ありがとうございます。どしどしいかんことには後からもしかしたらミッキーマウスが来よるかもしれませんから、その時間を取っとかんといかんから。
    サボテンが大阪弁で文句言うて来たらどないします?極力曲のほうはさっさとやって。」
    「まあエエ匂いですやんか。ジロキチめっさエエ匂いしとるやんか。私の香水を打ち消すような、私のGUCCIを凌駕する(笑)」
    「あ。新しい衣装やな。(ズクナシ)足元見たらウルトラの母みたいな。
    (シルバーのハイヒールをEMIさんが履いてた)ウルトラの母言うたら、ハワイ行ったん知ってる?関空から。飛んで行ったらええのに。」

    開演から舌好調のユカリさんに、会場のテンション上がりまくり笑い声が響き渡ります。

    3.韓流婦人

    主人は〜のくだりで歌詞飛び、字余りチックに収めました。
    EMIさんの振り付けが完璧。

    「これは韓国でも売っています。韓国で『新大久保』通じました(笑)。作曲はまさかの宇崎竜童さん。こんな曲になっとるとはまさか思うとらんでしょう。」
    「宇崎竜童さん作曲、作詞は元面影ラッキーホールの今はオンリーラブハーツのアッキーさん。ものすごいイヤラシイ歌です。こんな爽やかな我々が歌います。どこが爽やかか!(笑)」


    4.うっとり

    お客様皆さん、爽やかな女性たちにうっとりさせられました。

    「どしどし行きましょう。ええ時間やないか。『あ。こんなところにワシ(大阪ミッキー)の衣装置いとるん誰や。
    これワシのズボンやんか。ちっちゃ!ワシの靴どこやった?』「靴ないのー。」『足りないのぅー!』ミッキーマウスに怒られる人(笑)」
    さらにお客様がジャニーズみたいな“団扇”のミッキーマウス仕様で作って来て(!)
    『ワシ韓流スターみたいやな。サランヘヨ急に言うたらあかんどー』「なんや、Tシャツ着とる人おるん?」
    EMI「今日は大阪から?ミッキー。」
    『せや!大西ユカリさんが作ったスナックの歌です。』

    とうとうミッキーが曲紹介しました。

    5.失恋スナック3年生

     
    「ありがとう。ええ塩梅になってきました。9時過ぎくらいに終わろうか。早よ終わる時かてあるんです。私達にも……都合はありませーん!」
    「ケンチャナヨ〜」
    「ならダラダラとやってまいります。」
    「前のナンバーを。ニガイナミダが100リットル」

    6.ニガイナミダが100リットル

    いきなり曲入で歌詞出て来ず
    「みんな心の中で歌うんやで!」
    ズクナシがいいタイミングで仕切り直してやり直し。
    素晴らしい!ナイスチームワーク。会場も大盛り上がりです。

    「いよいよ1部ラストナンバーです。(会場から「えーー!」とブーイング)そんなこんな事(メイクやら着替え)して、ちょっと帰る言うとるだけやろ。」

    7.恋の季節

    途中でEMIさんのギターが音ズレし「転調してみるか?ミッキーやったらイケるけどな。」とフォロー。(なんでそうなったのか不明だそうです。)
    「やっぱりリハやらんといかんね。2番!」

    今日は素直に終わる。(お客さんドキドキタイムなし)
    ちょっと1部でミッキーやりすぎたか?
    「15分後くらいにまた…」最後の一言を噛むユカリさん。
    そしてそのまま退場。

    〈2部〉
    赤の衣装に着替えて登場のズクナシ。
    「衣装変えちゃいました。調子に乗ってます。準備はいいかー?!」「イエーイ!」「そんな曲はやりませんけれど(笑)」

    1.ほろ酔い橋(本当の曲名わかりません)
    2.shine

    「赤に黒いの羽織ってね(笑)準備はよろしいですかね?」
    「定期的にズクナシ、ユカリさんのバックをやらせていただいて、ジロキチで演奏させていただけて本当にありがとうございます!」

    1.やたら綺麗な満月

    「ありがとうございます。(会場からユカリちゃーん!)りーが回っとるやないか。
    昔ね、おはようプレイヤーズいう番組のシュガーフットさん思い出したよ。」
    「歌謡曲やります。フィーフィーやろ。妹はペーペー。そんなんいらん。そんなんいらん。いこ。」

     
    2.恋の十字路

    「天童よしみさんの気持ちがわかります。(口パクでありがとうございます言いながらお辞儀した時)こういう時が拍手する時です。
    (改めて口パクでありがとうございます)」
    「私以外私じゃないの 当たり前だけどねだから 〜何言うとんねーん!言うて。」
    (歌詞調べてやっと知った。そういっておったのか。)
    「奥さん、大会で乗ってしもうたから。旦那さんの浮気調査する予定だったのに。ローカルテレビとか放送大学とか奥さん忙しくなって。」

    3.Something You Got

    「奥さんわたし今までちふれ化粧品使うてましたやんか。今ケセランパサラン。」
    「3月のモノマネ大会、あれ見て欲しかった。奥さん、飴あげようか?」
    「ほんまはアクリル編み物大会とかありましたから。公民館で。」
    「お花の。」
    「そうですねん。クリスマス、雪の形のやつ、あれで優勝したの。3ヶ月にいっぺん持って行ってますやん。奥さん。冬赤と緑の。」
    「モノマネ大会であんなことなると思わんかった。まさか優勝。これケセランパサラン賞金だから。」
    「キョンキョンとかやったんですか?」
    「いや奥さん。もしもの世界いうのんあったやんか。ドリフとかで。もしもシリーズ。もしもミッキーマウスが大阪出身やったら。いうのんやりました。そしたらケセランパサラン。」
    「もしも大阪のおばちゃんにぼやいてたら。」
    「これ飴、回して。一人一個取って回して。」「1つやで!」 


    『おばはんええ加減にせえよ。なんで順番抜かししよんねん。』
    『スパワールドいうとこにはトイレにつっかけ散乱するから足跡書いてある。』
    『なんで大阪のエスカレーターは順番抜かししてええんか?東京の人はすごいな。ちゃんと並ぶ。順番抜かすな。大阪は。』
    『スパイダーマンに脅された。ネズミ対クモやで。ワシの国にはあんなクモおらへん。みなしごハッチでもおらへん。手にゅーー出しよる。にゅーー出しとるクモおらへん。』
    『サボテンが花咲かしよって。ピューー伸びて。お前伸びてきたな。サボテンが『よろしくー!』言うて。』」
    「こういうことなんです。奥さん。どうです?アメ余ったんちゃう?」
    「パツキンの人にも回った、あんた遅れて来たやろ。」
    「そんなんで優勝して浮気調査とかどっかいった。放送大学出たりして、忙しくてもう会えなくなるかもしれへん。
    また今度、あのアクリルのやつ、あれ編んで持ってこよ思ってたんですけど箱の下からアメが出てきたもんですから。
    今日の話にオチはないんです。なんか話してたらオチが見つかるかな思たけど、オチが見つからん。』
    「今日お耳は?」
    『耳ですか?“今日耳日曜”』
    「これが耳なし芳一言うたら差別用語になりますから」

    EMIさんの振りにうまいことオチ付けて終わりました。
    最後「ウハッ♡」と可愛らしい声出してました。

    4.新ミッチー音頭

    「ケータイ用!」
    「ジャンつる、ちょっとおいで。小学四年生から来てるジャンボ鶴田くん。」

     
    さすがユカリさんで育った方、完璧〜
    今回はケータイ用ソロバン二台あるためソロバンギターも弾けるという特典付き!
    「眉毛剃ったんか!今度までに生やしてこいよ。一同苦笑(笑)」
    あおちゃん(生まれる前からユカリさん聴いておるお子様)は恥ずかしがって断念。
    常連のさくらいさなえさん、よしゆきこいけさんが続き、「あなたのお名前ワッチュワネーム?!」「ほかにやりたい人」で手を挙げたのがセニョールえいじさん。
    「訳のわからんおっさんがでてきました。」
    「コモエスタセニョール!コモエスタセニョリータ!KYK!カウンターの姉ちゃんしかわからん(笑)KYK!」(KYKは関西方面にあるとんかつチェーン店の名前)
    「皆様のおかげで滞りなく5月の第2金曜日。次は7月の第2金曜日となります。直や奥さん。奥さん言うたらいかんか。
    時間経つのは早いなぁ。ちょい出しミッキー。ポスター値下げしました!前回買った人はすんません。『ええポスターやで』『大きなポスターを裁断したらしいで。』3枚300円。1枚100円。」
    「ミッキー、お得ですね。」
    『ほんまお得やわ。わたし白雪姫子いうん。めっちゃミッキーお得やんな。びっくりするわ。わたし7人も子分連れてめっちゃ大変やで。
    わたしリンゴ食べる寝て全然目さめへん。わたし白雪姫ゆーねんけどな。食べたら寝んねんで。毎日毎日。やんなるわ。こんな事他所で言わんといてね。
    同じドレスばっかり。同じシーンばっかり。ちーちゃい7人も付いてきよんねんで。わたし白雪姫ゆーねんけどね。』

    「敬愛を込めて横山剣祭りしようと思います。肉と肉と路線バス、本当はシングルなんですけどね、消費税8パーセントややこしいから3千円で売ってますの。
    『びっくりするわ。ほんまに。』白雪姫の声聞いたことないけどな(笑)」
    「ズクナシとも三年か。もうほんま長いな。ありがとう。」
    「白雪姫は初めてです。」
    「一番しっくりくる人たちなので、3人だろうが4人だろうがまた一緒にやりたいとも思います。
    今アルバム作ってるんやな?11月くらいに出すんか?『その時宣伝してもらえばええんちゃう。ミッキーに。わたし白雪姫ゆーねんけどな。
    ずっと寝とるからできひんからな。ミッキーにやってもらったら。』」

    5.タイガー&ドラゴン

    「俺の、俺の、俺の、俺の、」
    「おかしな人たちや。だいぶおもろい人たちや。」
    マイク向けて俺の、いうお客さんを讃えるユカリさん。


    「ありがとうございました。また7月に一生懸命やろうと思います。
    基本大阪ですのんで。こないたくさんぴゃーー来てくれると思いませんもんで。こちらから来ますのに。
    って来とるがな。またきっと。また会えますように。ここジロキチで録音もした路線バス、肉と肉お聴きください。」

    6.路線バス

    「最後は肉と肉で幕とさせていただきます。」

    7.肉と肉

    「本日はありがとうございました。」

    〈アンコール〉

    「アンコールですか?そうですか。アンコールですか。一人ずつ。ギターを弾いておられます、EMIさんです。
    (会場からエミリー!)「エミリーとは珍しい」
    「ドラムスはあかねさんです。」
    「ベースはスパイシーマリコさんです。マリコマリコマリコマリコマリコ…の部屋で〜」「ズクナシのあっち行ってこっち行っていうやつやります。」
    「木村充揮さんが天王寺いう曲書いて本人が『そんなんいう曲あった?』いうズクナシもそう。褒め称えたら「そうなんですか?」言うて。」

    1.左折右折

     
    「カッコイイカナ?ソンナニイイカナ?」
    「ユカリチャン、イエノイキカタ、引っ越ししたから前の家の行き方教えちゃおうかな。」
    「行ってもわたしはいなーい」
    「曲がるとデイリーストア、行き過ぎ、ホテルの前で座ってるおばさんが居る。前歯無いね。前歯ないおばさん、きくやホテルきくやホテル見たら右手ちょっと右手。
    ピンポンダッシュ!わたしの元家。わたしの元家ピンポンダッシュしていいのか?」
    「もう一回(EMIさんの家)行きたいな。」
    「ずっと引っ越ししてなーい」
    「ギターソロはつきものです。『チューニングは長めソロは短め』金子マリさんの教えです。」
    各パートの短めソロ。
    「8月(?)に新譜が出ます!ズクナシ!」

    2.That Lucky Old Sun

    「7月に逢いましょう!本当にありがとうございました!」とEMIさんの締めの言葉で終わりました。
    -, -, - -
    New Entry.
    Category.
    Archives.

    Profile
    Calendar
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Recommend
    EXPLOSION(通常盤)
    EXPLOSION(通常盤) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付)
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    Recommend
    大阪に雨が降れば
    大阪に雨が降れば (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ,宮藤官九郎,横山剣
    Links
    Mobile
    qrcode
    Others
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Search