<< 3月2日(水)「Durunken Songbook Vol.4〜魔法使いと大泥棒〜」@近鉄アート館 | main | 3月20日(日)ベネッセスタイルケア「桜歌祭」@住吉区民センター >>
3月11日(金)「奇数月に逢いましょう」@高円寺ジロキチ
category: ジロキチ
0
    小春日和だった東京が一転雨まじりの寒い日になってしまいましたが
    開場前のJIROKICHIの前には熱いお客さんでいっぱいでした。
    三重からお越しのお久しぶりのご夫婦とお会いしてビックリ!!
    満席のお客様で立ち見も出ていました。
    O.L.Hのアッキーさんのお顔も^^
    【1部】
    赤いジャケットの4人が登場。

     

    「どうも皆さんこんばんは、新・大西ユカリショーようこそおいでくださいました、
    バックを務めさせていただくカルメラ4と申します、よろしくお願い致します。
    まずはじめに、カルメラ4で一曲演奏して、お姫様をお迎えしたいと思います。」
    一曲カルメラの曲を披露。
    拍手と共にお客さんの後ろからすり抜けて登場のユカリさん。
    ミニーマウスみたいなアフロに、マニュアルレイバーのデニムの上下が決まってます。

    1. Something You Got
    「大西ユカリでございます。ゆーてもSomething You Gotというとこしかちゃんと英語ゆえてないとゆー自分に気ーついた次第でございます。
    せやけど、ちゃんと発音してないからどやゆーうんですか?
    何を置いても私はアナタのことが好きなんやこのままずっとココに居ってチューしてと歌とてるだけの歌です。
    せっかくのJIROKICHIですからこんな感じで始めたらJIROKICHIっぽくなるかなぁと思い始めさせていただきました。
    安心してくださいこの次の曲から日本語ですよ。」
    「演奏はカルメラ4でございます。
    カルメラ4、カルメラ4
    フォーフォーフォフォフォー
    フォーフォーフォフォフォー」
    お客さんとカルメラ4、 4と掛け合いとなる。
    「せっかくアメリカで買うた、ポンポンゆーたかな?アフロ着けてます。
    もう一曲日本語ですが黒人の歌う歌を歌います」


     
    2.「にがい涙」
    「今日も、一部二部と分けて演ってまいります。
    おーそうなん肥えた?そう肥えたらね、声がよう出るんです。
    よう寝て、よう食べて、よう笑うてね健康やからと思います、皆さんもどうぞ健康でいてくださいね。
    Theスリー・ディグリーズ世界の恋人スリー・ディグリーズ
    高円寺の恋人ユカリちゃんが歌いました、スリー・ディグリーズの「にがい涙」
    次の歌は、ユカリちゃんの「ニガイナミダが100リットル」

    3.ニガイナミダが100リットル
    「今日は、私もカルメラも一切の配布物、物販は持ってきておりません
    特に宣伝することはありませんけれども、これ見よがしにP-VINEからのお知らせもあるようでございます。
    赤いチラシぜひぜひお持ち帰り冷蔵庫に貼ってください。」
    次の大西ユカリショーは何時ですか?そう5月の13日です。
    5月の14日は伊勢佐木町FRIDAYが決まってしまいました!
    13日14日の2DAYS、詳しいことはまた皆さんにお知らせしたいと思います。
    何故詳しいことが決まってないかと言うと、そうです昨日決まったところだからです。
    それ意外、特に報告がないんですが、そーゆー時もあっていいじゃないですか?
    暑いや寒いやわからんのによう来てくれはりました、有難うございます」

    イントロが始まるも
    「花びらの白い色は恋人の色にみたいに演ってて、あんだけゆーたのに!」
    とギターにダメ出し。するユカリさん

    4.喝采
    「宮本敦」とギターを紹介する。


     
    そろばんギターを持つが、
    「コレを、持つまで待たんでええとゆーたやろ!!!」怒った口調でユカリさん
    イントロを口で歌い出す。

    5.新ミッチー音頭
    「コレ一生懸命やり過ぎて(そろばんギターの演奏)指が内出血したんですが、そんなコトはもろともせず一生懸命演ります。」
    ギターソロの途中(学園天国)「止めーや!」
    「ワンコードになって!ワンコードになって!」
    「アナタのお名前なんてーの?」
    「サクライサナエと申します」
    「サクライサナエさん、半年ぐらい前から、ココでは一躍有名な方でございます。」
    「アナタのお名前なんてーの?」
    「サクライサナエと申します」
    いつもの掛け合いです^^
    「この人お名前なんてーの?」
    みんなで「サクライサナエと申します」
    で落ちが付きました。
     


    「ちょっと失礼します。私白雪姫言いますの、今日はちょっとミニーマウスに化けてみました。
    白雪姫いいますの、いっつもいっつもミッキーやミニーやシンデレラゆうてレディゴーレディゴー
    そっから歌うことが出来ない白雪姫言いますねん、早い話がそっから知りません!
    私なんかアンタディズニーランド長いこと勤めてるけどアンタレディゴーの映画なんか見してもうてへんわ
    あの子ら営業に出てる間、一生懸命働かなあかんねん中途半端なちっこいおっさん7人も連れて、全然役にも立てへんホンマに
    先にあの子らが、今からおばあさんがりんご持って来まっせってなんで言わへんか!!
    りんごに毒なんてどないして入れるか?注射か?種からか?なっがいコトかかって育てんねやね?毒りんご!
    私白雪姫言いますねん、ほんまは関西出身ですねん、せやけどお子たちのために変えてますねん千葉で
    考えたら、アンタずっと同じドレスでずっと寝やされて、あのドレスは奥さん、中のパニエってのが入ってますねん
    膨らますためのヤツねレースの硬ったい硬ったい、パサパサして、んでアンタ寝ててみ?背中はかいいわ、汗疹は出来るわアンタ
    私あれで何年も寝てる想定になってますねん、私だけか?歳行けへんの
    今日はそれだけです!」
    随分ご立腹な白雪姫でした^^
     


    「ありがとうございました、ようさん拍手頂いて
    青山ミチさんて、凄い好きな歌手でまだご存命やと思うんですけども、ミッチーミッチー言うて
    歌とてはりました、その頃はレコード会社もあっちこっち行きはって、凄い格好良い曲があったんですね
    「むらさきの京都」という、だけどね、歌詞が難しい、だからね改ざんしました「むらさきの恋」と
    ライブハウスだけのお楽しみいうことで私が補作詞させていただきました。
    あっ順番は神戸、京都、大阪で、まっ基本的にはフラれるお姉さんのお話ですが、聞いてください。」

    6.むらさきの恋

    「ありがとうございました、カルメラ4に演奏していただきました、むらさきの恋お届けいたしました
    基本的に私が関係した男と歩いた街の名前が出てきてただそれだけの歌です。」


    7.あの鐘を鳴らすのはあなた
    「この曲を持ちまして第一部はおわらせていただいて
    二部は8時45分から始めたいと、いかがでしょう?
    ドリンクのおかわり、食べ物のオーダー
    休憩の間はJIROKICHIのために、本番は大西ユカリのために
    チューニングは長めに、ソロは短めに」
    「一つよろしくお願い致します。」

    【2部】

    カルメラ4衣装がストライプのジャケットに変わり登場。
    「それでは二部始めさせていただきます、私がPAKshinと申します。
    ドラムがいがっちょ
    ベースがHIDEYAN
    ギターの宮本敦
    セカンドもまずは僕達のオリジナルから始めさせていただきます。」
    またもや、客席をぬってユカリさん登場、衣装は黒ラメ模様襟のタキシードに黒のドレスシャツ
    赤い蝶ネクタイが決まってます!
    髪型はジャネル・モネイ風のリーゼント
    「第二部が始まりました。よう待っててくらはってありがとうございます」
     


    1.まだともうの間
    イントロのサックスを口で歌うユカリさん。格好良いですd(^_^o)
    「まだカルメラ4とは二回めのライブということで、前回の曲とか今回また工夫をこらしていろいろと演らしていただいておりますが
    私もなかなかと、大阪でやってる感じと彼らと演ってる感じがずいぶんと風情が変わってまいりますが、自分の練習不足はさておいてね
    こうや、ああやと、本番中にカルメラ4には大変失礼をしておりますがそんなことはもろともせずに一生懸命演ってくれてます。」
    カルメラ4です!!
    「9時過ぎには帰しますよ、安心してください歌謡曲ですから1曲1曲が短いんです。」
     


    2.幻のブルース
    「ブルース界には、天才が沢山居ります、中でも天才な素晴らしいなと思うシンガーは大阪の生野区に生きて居られます。
    木村充揮さんがちょっと前に書かはった「ザ・エン歌」という曲があります。
    あまりにも素晴らしんで、木村さん天王寺もやけど、この曲も良いですねぇと言うたら、木村さんがねぇ
    『うん、そんな曲あったっけぇ?』と言うてゆうことは、少々歌詞を変えてもあんまり怒りはらんのでは
    女目線で、まっホスト狂いのお姉さんの気持ちになっていただいたら次の歌詞ご理解いただけるのではなかろうかと思います。
    そんな女性のかんじで改ざんしてみました、「ザ・エン歌」でございます。
    今日もシャンパンタワー」

    3.ザ・エン歌
     


    「ダイヤモンド」を、「ローレックス」に
    「おまえ」を「あんた」にしただけですのにね(本人談)

    4.なぜ呼ぶの
    「さあココでカルメラからお知らせがあります」
    PAKUShinくん
    「有難うございます。何度も紹介していただいている私達カルメラですけれど
    2年振りとなります音源のリリースが決まりました。
    4月20日に我々「REAL KICKS」というニューアルバムをリリースすることになりましたので。
    「五十日やな」
    財布の中ホクホクの方もいらっしゃると思うんでご縁が有りましたらCDショップなんかで売ってると思いますんで
    カタカナで『カルメラ』と検索していただければホームページとかインターネットに関係するコト何かしら全部やってますんで
    チェックしていただければと宜しくお願いします。」

    「また5月も13日にココでお会いしましょう、そして中央線ちごて、あざみ野方面に住んでんのやわという方は
    伊勢崎長者町で14日にFRAIDYがあります、そちらの方にも是非来た来れたら嬉しいなと思います。」
    「そうゆーてる間にいよいよ第二部が真ん中を差し掛かっていよいよ終わりの時間に近づいてまいりました!」
    「えーっ」とお客さんの反応に
    「ありがとうございます歌謡曲は短いとあれほどゆーたやないですか?」
    「次の曲は私の新しいシングルからお届けしたいと思います。
    12月25日ですからずい分前になりますが「肉と肉、路線バス」より
    「路線バス」お届けします。
     


    5.路線バス
    「ありがとうございました、路線バスを聞いていただいたからには、あなたとわたしの「肉と肉」」

    6.肉と肉
    「ありがとうございます、未だ残っておりますよ、今日は絶対に歌わなあかん曲が残っておりました
    ニガイナミダガ100リットル書いていただいた時に、ちょうどあの東北の震災が有りましてね
    ちょうどそれをまたいで録音した思い出があります、韓国行ってね、そん時に「ただ待ち続けている」という曲を宇崎さんとアッキーとに書いていただいて
    アッキーがね、みんな頑張れ頑張れって励まされてばっかりの時にね、逆にね泣かせてあげたほうがええんちゃうか言うて書いてくれました。
    私もその通りやと思いました、神戸で地震に遭いまして、真っ暗けの中、銀行やコンビニにね物凄い人がわ〜と入って持ってかれるんですよ
    買えへんのですよ持ってかれるんです、そんなんでしたわ、コレほんまに平成の出来事かな?思いました。そんなんがまたたった5年前にも起こってね、
    わー流されたり、びっしゃーなったりとか、いっぱいあって、でも泣いてられへん人もようけ居ると思うんです、けど私は泣いたらええかなと思って、
    どない何を言われてもええからコレはこの前も自分のラジオ番組でかけて見たりとかいろいろしておりました、
    今日はそれを万感の思いを込めて一生懸命歌わせていただこうと思います。
    ご親族とかお友達とかねあっちにみなさんいらっしゃる人とかどんだけ心配やろか思います。
    そんな思て一緒に泣いてあげるのもありちゃうかな?
    今日はなんかそんな気がいたします。」

    7.ただ待ち続けてる
     


    震災にはそれぞれいろんな思いがあるでしょう?自分は、この曲聞いて涙が出そうになりました。
    会場に居た皆さんも、そんな目でユカリさんを見つめています。

    エンディングでユカリさん即興ででスキャット
    終わりかと思わせてまたもスキャット
    また終わりかと思わせてスキャット!!
    盛大な拍手の中一度はけます。
    アンコールの拍手が鳴り止みません
    でもすぐに出てくるユカリさん
    カルメラメンバー紹介のあと
    「五数える間、黙祷!!いちにいさんしいご、バイバ〜イ、オッケーイ」
    「じゃあお届けしますアンコールありがとう」
    【encore】
    1.That Lucky Old Sun

    カルメラ4との新・大西ユカリショー
    これからどう発展していくのかますます楽しみになってきました^^
    -, -, - -
    New Entry.
    Category.
    Archives.

    Profile
    Calendar
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Recommend
    EXPLOSION(通常盤)
    EXPLOSION(通常盤) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付)
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    Recommend
    大阪に雨が降れば
    大阪に雨が降れば (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ,宮藤官九郎,横山剣
    Links
    Mobile
    qrcode
    Others
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Search