<< 12月14日(木)ロックかしまし三人娘〜大西ユカリ&ヨモギ〜@ musicbarS.O.Ra | main | 12月27日(水)超・大西ユカリショーvol.148 >>
11月10日(金) 〜ユカリの『奇数月に逢いましょう』〜 @LIVE MUSIC JIROKICHI
category: ジロキチ
0

    店の前ではいつもと違い雑然とお客様が集まり、18時30分の開場で
    一気になだれ込むという初めての状況に驚きながら入店。
    なるほど立ち見の出るほどの盛況ぶりです。

     

    [1部]

     

    19時35分過ぎ、ズクナシ登場。
    「ハーイ!」
    「ハーイ!」
    「大西ユカリショウにようこそ。バックを努めますズクナシと申します。」
    チョキチョキマンのテーマからスタート。曲の途中で三宅伸治さん登場。
    「三宅伸治ー!」
    「ズクナシー!」
    「大西ユカリショウ、よろしくお願いします。」
    アルバムひだまりより、『外に出る』を。
    ユカリさんの出囃子的な『キラキラ』から
    「アユーレディ!大西ユカリショウ」

     

    1.SUKATAN

    「ズクナシEMIちゃんが帰ってきました。おかえりー言うて。」


    「なんも(カツラ)被らんでもバーと(笑)」
    「作曲はなんと三宅伸治さん。もうこの感じは
    『若いバンビちゃんにギターを買うてあげるおばちゃんのおしゃべり』で
    だいぶん前にやった。その時のゲストだったんですよ。」
    「今日は弾いたり吹いたり叩いたり、なんやいろんな事をやってもらえるようでございます。」
    『せっかくのズクナシですし、せっかくの伸ちゃんですから。
    南部の感じでカッコよく…なんやろ口内炎のせいかな?おしゃべりが下手なの。」会場から笑い
    「私も」とEMIさん
    「なんでも口内炎のせいにしよか(笑)」
    「さ、行くでー伸ちゃん」


    2.土砂降りの雨の中で

     

    「大先輩の曲もこの人らとやるとこういう風になるという。」
    「もう一曲。これ歌うたらみなさん、明日の朝テレサテンになってたらどうする?
    そんな歌詞に伸ちゃんがガッタガッタ言いたくなる曲をつけてくれました。
    レコーディングの時に嬉しくてガッタガッタ言うてたら『ガッタはいらん。
    ガッタはいらんから、スッと歌え』言われました。」
    話が川の話題に飛んでしまうことも口内炎のせいにするユカリさん。

     

    3.花の生き方

     

    「イントロからガッタガッタ言うたら皆さんクスクスなってしまうので、
    最後の方で二、三発ガッタガッタ入れときました。」
    「ガッタガッタいきましたんで、ガッタガッタの国へ行こかと思います。
    大阪は南部からやってまいりました。南部と書いて和歌山の方ではみなべと読むらしいですが。
    サザンベルとサブタイトルもついている、南部の女を」


    4.南部の女

     

    渋谷のタワーレコードでの発売記念イベントを思い出しながら、しっとり歌い上げるユカリさんにうっとりしました。

     

    5.路線バス

     

    「側だけギター、音は鍵盤。まるで名探偵コナンのようです!
    『中身は大人、外側は子供、名探偵コナン!』時々心の声がおっさんの声になってね(笑)」
    「まさかコナン扱いされる思わなかった三宅伸治さん。
    『今日は鍵盤あるかいな』思ったら伸ちゃんギター弾いとる。
    これはネクタイで喋るみたいなもんやな(コナン気に入った様子)。」
    口内炎からコナンが浮かんだんだそうです。
    「名探偵口内炎」て(笑)
    「今日はみなさんを笑わそ思ってやっとるんやから。演奏だけやなし、やっとるわたしらが笑う。
    若い子らのバントちゃうから場は白けん。我々のように長いことやっていると、
    『はぁ。面白そうやな』となるわけですよ(笑)」
    「伸ちゃん30周年ですよ。生まれた子供も管理職ですわ。三宅伸治さん、30周年です。」
    ここで記念アルバムの話。
    豪華アーティストが大勢参加したアルバム、その凝縮具合を『折り紙で傘おるよう』と表現するユカリさん。
    二曲に一回は「わあ!」となる二枚組だそう。
    「沢田研二さんに書かはった曲。久しぶりにどう?言うたら(作った)本人ホンマに忘れてました(笑)」
    「ちょっとシュッとしてやろか。」


     
    6.バックドアから

     

    曲終わりからリズム変調で

     

    7.ユカリ☆EXPLOSION

     

    シュッとした流れでした。
    「バックドアからからのまさかのユカリ☆EXPLOSION。これもズクナシさん三宅伸治さんのおかげです。」
    「一部二部と分けさせていただきます。その間にお代わりやスマホの用事、そして階段のとこにあるグッズがお待ちしております。」
    「久しぶりの曲もこの頃は歌わせていただいております。もう10年にもなりますか自分の曲の肥やしになるもんはないか?
    と本棚を見ましたら、まあすごい棚です。悪名、仁義なき戦い…上の方にはズラッとお人形さんが。
    川谷拓三さんとか北王子欣也さん、小林旭さんとかいろんな方々が並んで。
    川谷拓三さんに至っては手首から先落ちておりますんで(笑)ちゃんと作ってはる。
    県警対組織暴力がありまして、いちご白書をもう一度みたいに。
    県警対組織暴力をもう一度を。キューとなる曲ではありませんので、わははわははと聞いてください。」
     
    8.「県警対組織暴力」をもう一度

     

    「只今より休憩に入らせていただきます。」


    【2部】

     

    「ユカリさんのご指示通り、ステキな休憩を挟まれましたか?もう一杯、大丈夫ですか?(笑)」とエミさん。
    「三宅さんが作ってくれた大好きな曲をアルバムで入れさせていただいたんですが、
    その曲をおめでとうの気持ちを込めましてやろうと思います。おめでとう。」

     

    『おめでとう』

     

    「せっかくなので三宅さんにも歌っていただきたいと思います。一曲よろしくお願いします。」

     

    『It’s All Right』


    拍手喝采から聞き慣れたイントロが。

     

    1.センガッケ

     

    曲終わりからドラムがカウントを刻むなか
    「第2部が始まりました。」とユカリさんが一言。そしてつぎの曲のイントロが始まります。

     

    2.美人

     

    女性バンドが演奏しているとは思えないくらい力強い演奏。
    「ヨルブンアンニョンハシムニカ、皆さんご機嫌いかがですか?」
    流暢な韓国語を日本語に訳しながら自己紹介。
    「今日は美人がたくさんいますね。」

     

    「よう待っといてくださいました。10時半そこそこで皆さんを解放させてみせます。
    11時くらいになるかもしらん。東京はなんでこんなようさん電車が走ってんのか。
    大阪で飲んでるやろ?9時半くらいになると『ああ後一時間くらいやな』と。
    途中までしか行かへん。東京はえらいですね。寝てないんちゃうか?くらい電車が動いてます。
    どっから来たん?天王寺。」

     

    3.天王寺

     

    「ありがとうございます。本日はちゃっちゃちゃっちゃと行く段取りです。
    ワッといってサッといかんことにはこれね。口内炎もあるし(笑)」


    4.夜桜銀子

     

    「夜桜銀子という歌でした。『あなたに会ったその日から♪』と歌うてた人のご主人が作ってくれました。浜圭介先生。」


     
    「9月にここへ来てくれた人いますか?ここでその時はミッキーが大阪へ出張行く言うとこで終わってたんです。
    そして年末はハロウィンも終わってクリスマス。ディズニーランドは早よからクリスマス。
    ハロウィンはもうレディゴーらに任す。
    せやけどワシらはクリスマスはこれ、『ディズニーやで。ミッキーやで。』ミッキーが9月の段階で大阪に出張に行っておられまして。
    続きはどうするのか?ミニーと一緒にクリスマスを大阪で過ごすのか?」
    「この後どうなるのか、そうめんの賞味期限とともに。
    大掃除にようさんそうめんが出て来ますやろ?そうめんつゆまで出てくるっちゅう。そんな話を織り込みながら…」

     

    5.Something You Got

     

    「ワシやワシやミッキーや。ミッキーやで。」
    「USJの社長に『ちょっとミッキーマウスさん貸してもらえまっか?』こう言うわけや。
    『時給は高いでっせ。ディズニーやったら1500円くらいやけれどもそっち行ったら3000円はくださいよ♡』
    社長『いくらでも出したるでー。
    実弾もってこい実弾』実弾言うたら白い巨塔の今で言うところの西田敏行がやっとった役や(笑)
    ミッキー忘れとった(笑)靴はブカブカ袋重たい耳おっきい。ハロウィンなら耳の一個も取れっちゅう話や。」
    「わたしミニーマウス言いますねん。うちの主人が大阪へ出張行く言うて。主人は留守です。
    わたしは何をしますか?家で大掃除。そしたらそうめんやら実弾て何?主婦にとっての実弾はそうめんです!
    なんぼほどくれんの。わたしネズミやで。チーズくれよチーズを。


     
    お中元やお歳暮言うたら親の仇みたいにそうめんばっっかり!
    どんだけ珍しいそうめんか知らんけどわたしらネズミやで。」
    「主人が言うてました。『大阪の環状線のホーム気ぃつけや。幅の広いとこあるから気ぃつけや。』
    わたしらは靴がブカブカですねん。」
    ここでミッキーから電話が。
    「ユニバーサル行きいう電車、たまにアレが、スパイダーマンが張り付いてるからのぅ。その電車に乗るんやで!
    新世界に行ってまうど!」
    「わかりました。何べんも何べんも。わたし大きな耳持ってんのに。」
    「何べんも言わなわからんやんか」
    「わたしら夫婦やからっていっつもパックです。結婚式ばっかり。
    まあ!結婚式多いわ。ここだけの話ホンマ多いよ。もう一人欲しいわ。2人も3人も欲しいわ。
    言うたらあかんよ。パレードにも出てます。結婚式にも出てます。誰かと一緒に写真撮ってます。身体3つも4つも欲しいわ。
    言わんといてや。ここだけの話。大西ユカリさん言う人、ラジオの生放送で言うて偉い人が飛んで来はって(笑)
    あの人悪い人じゃないのよ。リクエスト来るん。『大西さんのミッキーマウスが聞きたいです』て。
    一生懸命やるやないの。放送コードギリギリで『ミッキーやで。』ドッカンドッカン受けるやん。」
    「この正月どないすんねん。ワシら休みないよ。おんなじ服着せられて、USJでは耳取れ言われて。」
    「きょうびの子供、悪いよー。ちょいちょい泣かしたんねん(笑)」
    「大阪のモントレーいう宿泊プランいうのんあってな、クリスマス限定カップルプランいうのん。
    今がお得!いうから。そしたらミニーがよう働くからディズニーから離れられへん。
    あいつ1人で仕事しとんねん。ミッキーやで。言わんと忘れてしまう(笑)」
    「この11月の連休で海遊館行ったわけや。ミニーがまちごうて弁天町で降りよったんや。
    電車とホームの間が空いてるから気ぃつけよ言うとるのに『あんた、降りてしもたわ。』電車行ってもうた。
    ワシ走ったわ。海遊館いったらな、皆んな狙うておる。ワシらのことを。こんな小動物が海遊館行ってみい、
    友達なれんのもカワウソくらいやで。
    ミッキーやで。危うく食べられそうになった。そん時指千切られた。そういうこと言うたらラジオの偉い人飛んできた。
    今日もギリギリやな。
    『この物語はフィクションであり個人名など関係ごさいません。』」

     

    見事なストーリーに会場爆笑、大盛り上がり。

     

    「まあそんなこと言うわ。チューニングの方は大丈夫ですか?」
    「もうぼちぼち終わりに近づいてまいりました。」

     

    6.横須賀のゴーゴーガール→TRY ME→横須賀のゴーゴーガール

     

    「19や20歳のくらいから聴いたり歌とたりしてる曲、昨今作ってもらった曲をいろいろ取り混ぜてやってまいりました
    大西ユカリショウ、ぶっちゃけた話後2曲でいったん幕とさせていただきます。アンコールはだいたい3曲くらい用意させていただいでまして。」
    「ズクナシのアレも配った紙に書いてある。ええ紙で刷ったなぁ。ええ紙で刷った。
    なんて書いてある。ズクナシてへぇー。岡八郎さんの(笑)『見えへんなぁ』言うてこないして。
    (顔をぐっと近づけて)これやるときは事前になんて書いてあるか読んどいてやる(笑)」
    「みんな大人やろ。だいたいみんな持ってはる。みんな大人やからAmazonとかなんちゃら言うとこ行ったりしたら[お]のところにあるから。
    どれでも結構です。どれでも結構です。お手に取って。気になったものを買おうじゃないか!どうもありがとうございました。」

     

    7.ニガイナミダが100リットル
    JBショウからの


    8.肉と肉

     

    「カッコいい!」の歓声と拍手から手拍子に。

     

    【アンコール】

     

    「どうもありがとうございます。アンコール頂きまして。
    ジャケットの中がズクズク、ズクズクボーシズクズクボーシ。ズクズクやん。西川のりお師匠でございました(笑)」
    ここでズクナシのメンバーを呼び入れ。
    「マリコのコはCOやで。」
    そして三宅伸治さんを呼び入れ。
    「お忙しい中ごめんやで。ごめんやで。言いながら3日間も拘束してしまいまして。これまたやらせていただく所存でございます。」
    会場から拍手
    「また来年からも奇数月の第2金曜日はジロキチで。お願いいたします。」
    「石田さん思い出しますが。ズクナシの曲もやって。ねぇ。ほいで終わろうかと。」


     
    1.左折右折

     

    「いってみようか。」
    「本当に来た人がいるんだからー」
    「じゃあ、ユカリちゃんの新世界の家はどうですか?」
    「知りたーい!」
    「もう住んでなーい!」
    「だから住所を言っちゃった!」
    「跡形もなーい」
    「今はどこに住んでるの?」
    「大阪の西の、もっと西行くと神戸元町。神戸の元町の家いってみようか」
    「結婚してたときに住んでた。もう住んでなーい!」
    「すごいネタ持ってるねユカリちゃん」
    「地震で無くなった。もう離婚したから何にもなーい。住所全く覚えてなーい」

     

    すごい爆弾投下しました、ユカリさん(笑)

     

    「この曲を聞いた時とあなた昔よくサングラスを投げてた。
    今やんの大阪のたこさんくらいしかおらん(笑)」「それを見たときから一緒にやりたいと思ってた。」

     

    2.THE WEIGHT 

     

    ユカリさん、EMIさん、マリコさん、アカネさん、三宅さんの順でした。


    「ヘイ!」「ヘイ!」
    大歓声と拍手が会場を包みます。
    「アンコールですか。アンコールやって。これで終わりかな?」
    手拍子が
    「わかりましたわかりました。」

     

    3.That Lucky Old Sun


    再び手拍子が始まる。
    エンディングでビートの効いた即興曲を。
    なんと贅沢な時間。

     

    心も体も暖まるライブでした。
     

    -, -, - -
    New Entry.
    Category.
    Archives.

    Profile
    Calendar
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Recommend
    BLACK BOX
    BLACK BOX (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ
    大西ユカリ、初めて自らのルーツ・ミュージックを歌う。
    R&B、ソウル、ブルース、そしてファンク。
    グラマラスでメロウなヴォーカルが炸裂する
    ナニワのブラック・アイド・ソウル。
    三宅伸治プロデュース、甲本ヒロト、山崎まさよし、
    中田亮(オーサカ=モノレール)等豪華ミュージシャンが客演!!

    アルバム全 13 曲入り
    TECE-3489
    定価:,778+税
    アルバムCD
    Recommend
    EXPLOSION(通常盤)
    EXPLOSION(通常盤) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付)
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    大阪に雨が降れば
    大阪に雨が降れば (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ,宮藤官九郎,横山剣
    Links
    Mobile
    qrcode
    Others
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Search