<< 10月27日(土)宮古島ミュージックコンベンション2018 @総合体育館、YUMYUM | main | 第八回 西青会チャリティーフェスタ 2018 >>
10月11日(木)「BLACK BOX」レコ発ライブ@下北沢GARDEN
category: other
0

    待望の『BLACK BOX』発売記念ライブが10月11日、ど平日の木曜日に(とユカリさんがアナウンスしていた)
    下北沢Gardenで行われました。

     

    開演は19時10分。

     

    キンキラキン衣装のズクナシはコーラス&ダンス。
    バンマス、三宅伸治さんの合図でスタート。

     

    ズクナシがオープニングを飾ります。


    1.BLACK BOX(Black rock)
    2.LOCO Motion(ZUKUNASHI)

     

    「レディース&ジェントルマン!大西ユカリー!」


    スカイブルーのタキシード姿で登場したユカリさん。
    大歓声で迎えます。

     

    3.Clean up woman

     

    「ユカリちゃーーーん!」の大歓声が上がります。

     

    4.Precious Presious

     

    「どうもありがとうございます。」
    「いつもと変わらんようにやらせてもらお思うてます。
    どうぞ最後までヘラヘラしていただいて(笑)そして今日は売るほど積んでございます。
    もう持ってるからと言うて偉そうにしやんといてください(笑)
    今日は手ぶらで帰らんほうがええかもしれませんね。
    皆さんに袋が行き渡るように用意してございます。」

     

    CDだけでなく、記念Tシャツにタオル、バッグもありました。

     

    「explosionというアルバム以来のGardenでございます。三茶からバスでやってきました。
    ほんまこっからここまでくらいの間を乗りはるんやね(笑)」
    「わかりましたわかりました!ほなexplosionの時に伸ちゃんが書いてくれたのほんならやります。」

     

    5.花の生き方


    「花を女性になぞらえて。荒木とよひさ先生が作詞、作曲はなんと三宅伸治さん。
    パパパパっと紹介していますが、後で嫌と言うほどやりますので。そうですね。
    ご帰宅は10時くらいでしょうか?」

     

    6.お前なしでやってみよう(trying to live my life)

     

    ギターソロでは三宅伸治さんが前面に登場。

     

    「ユカリちゃーーーん!」
    「はぁーーーい!」

     

    心安く受けるユカリさん

     

    7.恋のサバイバル(I will survival)

     

    「この演奏があって歌えるんやな。言う喜びでございます。」
    「今日もBLACK BOX買うていただいてありがとうございます。家にあるのに。今日はそう言う日です(笑)」
    「だいたい今、午前2時くらいのエエ感じ。スーツの中もエエ感じでございます。」

     

    8.Every little bit hurts

     

    「あんた、帰ってくる言うたやんか?帰って来うへんやんか。帰って来るんかい?来ーへんのかい来んのかい来ーへんのかい…
    帰って来ーへんのかーい。と言う歌をお届けしました。」
    すち子登場(笑)

     

    「『なんであかんの?私あの人のこと好きなのに。』『あの人はホンマやめておき。』『相手は結婚しねんねやからやめておき。
    お父さんお母さんも恥ずかしい言うてたで。』そんな歌です。」

     

    大西ユカリ劇場、かなりの白熱です。

     

    9.If loving you is wrong

     

    ソウルフルな歌声に、ズクナシがカッコいいステップとコーラスで花を添えます。
    (ステップちょっとぎこちないところがあったのはご愛嬌)

     

    「ホンマあの…」
    言いかけたら次のイントロが始まりました。
    低音のリズムにホーン隊。体が自然と揺れます。


    10.FUNKY NASSAU

     

    ここでメンバー紹介&ソロが。
    Drums:ケニーモズレー
    Bass:中村キタロー
    Guitar:三宅伸治
    Organ:佐々木久美
    Chorus:ズクナシ
    「ズクナシ!」「丸腰!」「コーラス!」「踊りだけ!」「歌うだけ!」「ズクナシ!」

     

    ソロライブの宣伝も挟み、愛ある紹介でした。

     

    「ここで今日のゲスト紹介します。ミスター大阪、オーサカモノレール!ミスターJB!」
    「大阪の!」「ジェームスブラウン」「東京も」「ジェームスブラウン」「千葉県でも」「ジェームスブラウン」「ミスターJB中田亮!」


    ユカリさんの合図で、「人力フェードアウト」からの「人力フェードイン」
    そして人力フェードアウトで見事に終えました。

     

    11.I'LL take you there

     

    「中田亮!」
    「ほな行きましょう」
    大きな歓声が上がります。
    イントロが始まりご機嫌なリズムが響き渡ります。

     

    12.Rock me again&again&again&again&again&again

     

    中田さんのタンバリンがキレッキレです。
    ユカリさんとの掛け合いもバッチリ合ってカッコいい!

     

    「よっこいしょ!」
    「中田亮さんです。」
    「大西ユカリショウ!楽しくやろか」
    「大阪のオッサン(笑)」
    「ほんま息上がりますね。このまま喫茶店でも行ったろかしら。カキ氷みたいなもん頼みたい。そんな気持ちです。」


     
    「A-HA!HA!抹茶のカキ氷食べたい」

     

    13.I Gotcha

     

    「こないだ抹茶のフラッペでストロー付いてなかったから言うたら〜♪『ストローで飲みますねん』て」
    「あれ?」
    「あれ?」
    「こないだ母さんユニクロ行った♪スーパースキニー履いたら脱げない」
    「あれ?」
    「あれ?」
    「履けたのに脱げない」

     

    なんという歌詞で(笑)
    (身に覚えがありすぎて鮮明に映像が浮かぶ) 

     

    中田亮さんがニヤニヤしながら聞こえるか聞こえないかくらいの声で
    「ユカリちゃんのダンス」「ユカリちゃんのダンス」と言いながら踊ります。


    「笑いと涙の大西ユカリショウ!」
    と言って去っていかれました。

     

    「息が上がって。」
    「あっという間のクラッカー。それは当たり前田のクラッカー。そんなの分かる人ばかり(笑)」
    「録音メンバーとやらしてもらっとる言うのは幸せです。」

     

    14.Killing me softly

     

    「なんやかんや30年くらい。自分の歌を出して20年なりました。生まれた子ぉが20歳やんか。
    まあビックリした。放り込んだろか!
    シュッとしとると思ってるところガッカリさせたろかい!!」

     

    15.新ミッチー音頭

     

    ピンクレディのUFOの振り付けありました(笑)


    咳が出たユカリさん。
    「咳払い。サービスです。(笑)」

     

    「やろう思う曲にもうちょっとギターあったらええのにな。とか思うことありませんか?」

     

    サプライズゲストで新宮虎児さんが登場。
    驚きに湧く会場では「うわ!マジか。」と呟く声も。


    「山崎まさよしさんがこの人を見て『殺し屋みたいですね。』と言ってました。」
    (ルパンだと思っていましたが殺し屋だったとは(笑))

     

    16.Monkey Man
    17.You Know I'm no good

     

    ニヒルな笑顔でギターを弾いていた新宮さんがここで退場。
    会場から大きな拍手と歓声で見送ります。

     

    「いよいよ本当に終わりの時間がやってまいりました。リクエストあればアンコールの用意もございます。
    ライブというのはそんなもんです。アンコールあったらこれやろう言うて書いてあるのが今日びです(笑)なあ。クリス。」
    テナーサックスの栗原健さんを栗が付くからクリスと命名したとユカリさん。
    「今日からクリス。」
    相変わらず名付け上手です(笑)

     

    「今日のところは付き合いで来たけれどもという人も、次は自分で調べて。大人なんやから。ぜひお越しください。」
    「今日はもうアルバムを買うたりTシャツを買うたり。なんと助かるトートバッグまで売ってるという。
    お買い上げのものを入れる袋が要らん。シュッと持って帰れるようにシュッとなっとんねん。頭にまけるタオルも。
    昔はタオル使ってツイストの練習したみたいですね。知らんけど(笑)」

     


    18.That lucky old sun

     

    しょっぱな歌詞忘れたユカリさん。日本語歌詞をセリフ調で語りフォロー


    曲のアレンジが豪華で、まさにショウの最後にピッタリなThat lucky old sunでした。

     


    【アンコール】

     

    相変わらず速攻でステージに戻って来たユカリさん。
    「わかりました。アンコールですね。最初見たときからアンコールするな。って。皆さんアンコールするな。って。」

     

    メンバーを呼び入れます。
    コーラスの声を聞いて、そのカッコ良さから黒人の人入れたのかと思ったというOrgan:佐々木久美さんから。
    太鼓のどれかが破れるかと思うほどパワーDrums:ケニーモズレーさん。
    ライブ中のトラブルも難なくこなすTrumpet:MAKOTOさん
    「マコトちゃん遅くなってごめんね♪」すかさずオルガンで合いの手が入りました(笑)
    マッチ棒くらいしかない(痩身)から擦ったろかと思ったという可愛らしいAlto.Sax:前田サラさん
    昨日とは違いピャーッとした運動靴履いたオシャレさんなクリス(Tenor.Sax:栗原健さん)
    なんとその靴は自分でペイントしたそう。
    Chorus:ズクナシも1人ずつ。
    マリコさん。マリコの部屋へ〜のくだりはテッパンです。
    「今日は特別丸腰マリコです。」
    真ん中でひときわ楽しそうなのがEMIさん
    「キンキラキン!ママでもキン!」
    アカネさんには(なんでカッコいいドレスの上にTシャツ着とんねん。」
    Bass:中村キタローさんのTシャツはMサイズ。
    そしてGuitar:三宅伸治さん。Mサイズ。


     
    「遠回しにこのくらいで何サイズか宣伝してるんです(笑)」

     

    「来年1月5日に大阪でもやる事が決まりました。正月早々間違って大阪に居てる方ぜひお越しください。」

     

    ベースのしっとりしたイントロで始まります。
    「おっちゃん、ベース上手いね。そんな気持ちです。」

     

    1.ハルカロジ

     

    曲の最後のところでユカリさんじゃない声が聞こえて来ました。


    なんと甲本ヒロトさんが登場!!
    会場からキャー!ワァー!と。騒然となります。
    ユカリさんはモノマネ番組でご本人さんが登場して来た時のモノマネの人みたいなビックリ顔。
    (本当にああいう風になるんですね)

     

    「おじゃましますぅー!」
    「邪魔すんねやったら帰ってて大阪の人やったら言うんやけど」
    「えーーーー!!」ユカリさん絶叫。
    「昨日リハーサルのテープをもらってな。なんかおかしかろ?様子が」
    スタッフの動きもおかしかったけれど、まさかと思っていたそう。
    「伸ちゃんが歌う気無さそうだから一人で頑張ろうと思っていたん」
    後ろで三宅さんがニコニコとても良い笑顔で見守ります。(してやったりみたいなニヤニヤも混じってました)
    「やるでぇー」
    「そうなん」
    「星空の2人、本当は英語ちょっとだけ日本語」


     
    うわーーーー

     

    2.You don't have to be a star(星空のふたり)

     

    甲本さんもユカリさんもそれを見守る三宅さんが、バンドの皆さん、みんなが笑顔。
    もちろん会場も。なんと幸せいっぱいの空間時間。

     

    ユカリさんが甲本さんに向かって『ジュリー』と言って樹木希林さんがやっていた振りを何遍もやっていました。
    『ヒロトぉ〜』に置き換えて見ておりました。
    お二人の声がピッタリ溶け合い、鳥肌が立つほどカッコいい一曲でした。


    「帰ります!」そう言い残して消えていく甲本さんでした。

    「はーーーー。人はビックリすると訳がわからんようになるもんですね。」
    気が抜けたような感じのユカリさん。会場から「頑張って」と言われてもリアクション出来ず(笑)
    本当にサプライズだったんだと実感しました。
    皆さんが『よかったね!!』の気持ちを込めて拍手していました。

     

    3.Southern Belle(南部の女)

     

    ユカリさんがちょっと泣きそうになったように見えました。
    大きな拍手に包まれて終わりました。

     

    BLACK BOX発売記念ライブは幸せが詰まったライブとなりました。

     

    -, -, - -
    New Entry.
    Category.
    Archives.

    Profile
    Calendar
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Recommend
    BLACK BOX
    BLACK BOX (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ
    大西ユカリ、初めて自らのルーツ・ミュージックを歌う。
    R&B、ソウル、ブルース、そしてファンク。
    グラマラスでメロウなヴォーカルが炸裂する
    ナニワのブラック・アイド・ソウル。
    三宅伸治プロデュース、甲本ヒロト、山崎まさよし、
    中田亮(オーサカ=モノレール)等豪華ミュージシャンが客演!!

    アルバム全 13 曲入り
    TECE-3489
    定価:,778+税
    アルバムCD
    Recommend
    EXPLOSION(通常盤)
    EXPLOSION(通常盤) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付)
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    大阪に雨が降れば
    大阪に雨が降れば (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ,宮藤官九郎,横山剣
    Links
    Mobile
    qrcode
    Others
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Search