<< 11月28日(水)極・大西ユカリショーvol.159 @桜川フラミンゴ ジ アルーシャ | main | 12月13日(木)ロックかしまし三人娘〜大西ユカリ&ヨモギ〜@musicbar S.O.Ra >>
2018年11月9日(金)〜ユカリの『奇数月に逢いましょう』〜 @LIVE MUSIC JIROKICHI
category: other
0

    近頃ではコラボする方が変わってもユカリさんお目当てのお客様でいっぱいになるジロキチ。今回もたくさんのお客様です。

    真っ暗な中登場。


    前列のお客様の指笛に驚くユカリさん。
    「近いから耳痛い」とツッコミからスタート

    三宅さんのハープのイントロで 

     

    1.花の生き方

    「本日もジロキチのシステム通り1部2部と分けさせていただいて、皆さんのドリンクタイムも設けさせていただきます。
    来年からはまた変えていこうということです。」
    「チラシ間に合わなかったもんですから、口で色々言うていきますので、脳みそに刻んでいただいて。」

     

    「スカタンってなに?って伸ちゃんに聞かれまして。スカタン言うのはね、『悪いやつじゃねぇんだよ。』って感じでしょうか。」

     

    2.SUKATAN

    カホンのようなリズムが三宅さんの左足のリズムに合わせて聞こえるのですが、そのような楽器が見当たりませんでした。不思議ー。

    「まだ2曲め(笑)まだ2回目なのに。必死や必死。必死のパッチで今日はやっていきますから。1曲ずつ固まっていただいたらと思います。」
    「新しいアルバムBLACK BOXと言います。今日もできるヤツはやろか言うて、やらしていただく所存でございます。」

     

    3.Killing Me Softly

     

    「伸ちゃんはチューニングとかせんで、しとりますね。まあまあチューニングしはりますからね。ギターの人いうのは。
    若い子には『またチューニングか!』言えるんですけど、伸ちゃんには言えない。」
    会場爆笑。


    30年前の三宅さんとの出会いが大阪のバーボンハウスでダックテイルズのチラシを置きに行っときだったと話すユカリさん。
    「その後自分でバンドを組んで。そのメンバーも1人天国へ行ってしまいました。」
    会場からマンボの声。
    「そう、マンボ。マンボが残してくれた曲が沢山あります。一番ソウルっぽいというか南部っぽい曲があって。
    日本語と英語の歌詞があったもんですからやろう思って。マンボも喜んでくれるちゃうかなと。
    『ギャラ少ない』言うて化けて出てこられないよう、天国行ったら『ユカリちゃんやってくれたん!』て言ってくれそうな気がする。
    伸ちゃんのアレンジで素晴らしく蘇りました。」

     

    4.南部の女

     

    1番は英語で
    2番は日本語で。

    「固まってまうわ!かっこ良すぎて。」
    きっとジロキチに来ていたと思います。マンボさん。

     

    アップテンポのイントロに変わり

     

    5.テネシーワルツ

    最後三宅さんのファンの方が蝶々の紙吹雪を。
    「ここっちゅうところでね!一生懸命やってきた甲斐があるっちゅう話ですよ。
    ブルースブラザーズなら私に缶が飛んでくるんか。これが伸ちゃんのおかげでパァーッと可愛らしい折り紙の紙吹雪。」
    「年明けに大阪でリリパをやるんですけど、東京でやれへんかった曲やったろけ!くらいの勢いでやらしてもらいます。」

     

    そしてずっと石田長生さんが訳詞をしていたと思っていたのが、実は三宅さんがしていたと事が判明しました。
    「それ、俺が訳詞してる。昔2人で(ライブ)やったんだよね。」
    「今わかった。」

     

    6.お前なしでやってみよう(trying to live my life)
     
    「ぶっちゃけあと2曲やったら休憩。」
    「アンコールも受けようやないかと。ようさん曲があります。2人やから結構何でもできるんです。」
    途中から永ちゃんになるユカリさん。

     

    7.時間よ止まれ
     


    「皆さんのお帰りは10時頃とさせていただきます。サンキューエブリバディ。サンキューエブリボディ」

     

    8.サントワマミー

     

    ご機嫌なお兄さんたちが大合唱で盛り上がり1部終了しました。
     


    【2部】

     

    久しぶりにお目見えのアディダスのレースブラウスで登場のユカリさん。

     

    「第2部が始まりましたので、どしどしと行かせていただきます。」
    「今も大事なチューニング」

     

    1.Precious Presious

     

    大歓声でスタートしました。
    「2人ですから全部ソロこっち。全部伸ちゃんに押し付けて(笑)」

    2.恋の季節

    「ルーやで。ロックンロールのルー!」
    そして例の無茶ぶりは三宅さんの応援隊の方へ。
    「声高っ!油断するから歌わされんねんで!」
    相変わらず無茶ぶりな上にツッこむユカリさん。
    ドラえもんみたいに可愛らしい恋の季節でした。

    「油断してたらえらい目に合うよ(笑)触れ合いはこの辺にしておこうか。

     

    3.ハルカロジ

     

    「歌声喫茶みたいやな。」

     

    「言うてる間に終わりますよ。知らんよ。まあまあの曲数やってますから。
    なんやったらいつもより一所懸命やってますから。2人やから短なる。」
    「あっという間の2部ですよ。それは楽しいから。」

     

    「来年も奇数月の第2金曜日はジロキチです。」「来月は高田渡さんの『値上げ』言う曲からやろうと決めてます。
    値上げに踏み切ろう。4000円にしますんで。ごめんやで。swin-goくんと誰かで。」
    「来年からもどうぞよろしくお願いいたします。次の曲は2分位で終わるからちゃんと聞いておかんと知らんよ。」

     

    4.愛の奇跡

     

    三宅さんの声がしっとり色っぽい。
    「アモーレ!アモーレミヨ!」
    気持ち良さそうなユカリさん。

    「イタリアーノ!ボーノボーノ!言うとるみたいに(笑)アモーレ言いたかっただけです。まさかの伸ちゃんのヒデボイス」

     

    5.ひとつづきの夢

     

    1番はユカリさんが
    2番は三宅さんが

     

    伸ちゃんコールが起こります。

     

    「1部はカラオケショウでもやって、2部だけお願いしようかと思ってたんですけど、せっかく居てはんのに勿体ない話やで。言うて(笑)」
    喫茶店トークもありつつ、大阪のライブの話も。

     

    6.バックドアから

    あちこちからヒャッホー!ユカリー!の大声援で盛り上がります。

     

    「いよいよフラフラなってきましたね。」

     

    「愛の奇跡に神経取られてリハやってない。」

     

    7.エンジェル

    「第2部、大団円でございます。『早いんちゃうんけ』ちゃうがな。なんでそないして言うねん。
    だから大阪の人嫌われるんや。『あの人アレなんだよねー。』言われるんや。
    『アンコール頼んまっせ!』言うてたら可愛らしいおっちゃんと思われんねん(笑)」
    説教するユカリさん(笑)

     

    8.愛の讃歌

     

    「三宅伸治大西ユカリ2人のビッグ・ショー!」

     

    大拍手が手拍子に変わり

     

    【アンコール】

     

    すぐさま戻ってくるユカリさん。
    「もう行くの?行く。行く。言うて水だけ飲んで来ました。」
    「人生ロックンロールですから。」
    「特にヒット曲もありませんしまあまあ歳いっとるし。ちょっと歌上手いだけ。」
    「せっかくだからちょっとギター上手い人連れてきた。」

    「ここに石田長生さんがおられたら。1曲、『ユカリちゃんどないや』言うて書いてくれはった、
    気に入って自分でもあちこちで歌ってはったという曲を」

     

    1.アンコール

     

    しっとり歌うユカリさん。きっと石田さんが遊びに来て、ニコニコしているのではと思わせる空気でした。

     

    「アンコールでアンコール。玉子丼に親子丼みたいなもんですね。」

     

    2.That lucky old sun

    2018年締めくくりの奇数月のジロキチはお客様の歓声、歌声で大いに盛り上がったのでした。

     

    -, -, - -
    New Entry.
    Category.
    Archives.

    Profile
    Calendar
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Recommend
    BLACK BOX
    BLACK BOX (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ
    大西ユカリ、初めて自らのルーツ・ミュージックを歌う。
    R&B、ソウル、ブルース、そしてファンク。
    グラマラスでメロウなヴォーカルが炸裂する
    ナニワのブラック・アイド・ソウル。
    三宅伸治プロデュース、甲本ヒロト、山崎まさよし、
    中田亮(オーサカ=モノレール)等豪華ミュージシャンが客演!!

    アルバム全 13 曲入り
    TECE-3489
    定価:,778+税
    アルバムCD
    Recommend
    EXPLOSION(通常盤)
    EXPLOSION(通常盤) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付)
    EXPLOSION(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
    さだまさし,内田勘太郎,三宅伸治
    Recommend
    大阪に雨が降れば
    大阪に雨が降れば (JUGEMレビュー »)
    大西ユカリ,宮藤官九郎,横山剣
    Links
    Mobile
    qrcode
    Others
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Search